どうしよう

著者 :
  • マガジンハウス
3.68
  • (8)
  • (20)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 199
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838728329

作品紹介・あらすじ

「働くのも生きることもイヤになったそんな日は、飼っている猫を抱きしめる――」。校則の厳しい女子校で青春時代を送り、紆余曲折あって今に至る著者が、自身のコンプレックスや弱点、本音をちりばめながら、ポーカーフェイスの裏に秘められた波乱含みの日常を告白。すっぴんの壇蜜が見えてくる書き下ろしエッセイ集。



●恋人を呼び間違えて/酸いも甘いも常識も知らず/重たい過去のブログ/寝過ごす恐怖/あなたは誰?/送料無料の誘惑/半裸のバスタブ前/いつもの壇蜜/色音痴/仕事あるの?/ガラスの中年/保守か改革か/捨てたい願望/好きの理由/芳香への欲求/眠くて仕方ない/使い物にならない個性/空気の読めない女/達者でいたい/友達がいない/数字に弱い/褒められ慣れていない/思っていたのと違う/昔の傷跡/頼みごと/面倒な自分/働きたがりの反動/うまく言えない/ストレスは消えない/噂は怖い/お土産は手強い/大丈夫は不安/不純な動機でも/小銭の音/私の良いところ/“ 理不尽”の取り扱い/荷物が多い/真心を伝える手段/「ながら」が出来ない/緊張という呪縛/こじれたファザコン/性根が悪い/ジンクスを抱えて/曲げられないこと/落ち着かない/決めつけられて/意地悪と向き合う/すさみきった心/何でもとっておく/自分を保つ術(全50篇)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 壇蜜姉さん、美しくて聡明なのうらやましすぎて勝手に弟子入りした。冷静で温厚で、ちょっとひねくれててでもまっすぐで、人間味溢れる素敵な人だったな。そんでなんかゆっくりおもろくて好き。

    落ち込んだときに思い出したい言葉↓
    最低と言われても、死ぬよりマシだ。
    期待は、皆からされるものではない。寄り添い、向き合える者たちにだけしてもらえばいいじゃないか。
    自分の「どーしようもない」部分は、派手に失敗し、揉めて傷つけ合わないと見えてこない。だから、若い頃のミットモナイは財産なのかもしれない。
    信じるものを揶揄する権利は誰にもないが、信じるものを押し付ける権利も誰にもない。
    孤独でいい、孤独も仕事のうち、と「社交シャットダウン」を決め込んでいる。
    誰しもが持っているであろう物差しや天秤。それをそれ以上に武器としてトランスフォームさせないよう注意したい。

  • 読むごとに安心感がわきます。なんだか、ホッとするのです。文章のリズムというか、間の取り方というか、いろんなものが合っているようで、とにかく一行読むごとにほっとする感じを受けます。
    うんと苦しんで滅びてしまえ、などという言葉は、心の中に秘めていながら自分でもなかなか表に出せずにいるもの、それをスーッと表現してもらえると、それがなんとも言えない安心感に通じるのでしょう。太宰に通じる、などというのは思い入れを持ちすぎでしょうか。
    また、心が疲れたときに、別のものも読んでみたいと思います。

  • 壇蜜さんが日頃『どうしよう』と困っていることをまとめた一冊。文体は奥ゆかしくでも時に強く、自分をしっかり持っていて好きです。

  • 彼女の本は好きだ。ちょっと、一歩下がって自分を見ながら、どのように外界との壁をつくるかを考えているのかと。以前の著書は、内容自体に興味深いもの(男性はヒモのついた服が好きとか)が多かったが、本作は構成も文章もよく練られていて、読ませる力があると思う。まあ、そんなことはないだろうが、国語のテストに出題されてもいいレベルに達しているのではないか、及ばないかもしれないが向田邦子に近いのではないかと思った。褒めすぎかなあ。ちなみに何冊も壇 蜜さんの本は読んでいますが、写真集などは持っていません。

  • 壇蜜さんの書き下ろしエッセイです…。

    壇蜜さんが書かれた既作品とは異なり、
    自然体の彼女の想ぃが語られています。

    日常の困ったこと…、どぅしよう…??
    といぅシチュエーションにおける、
    壇蜜さんなりの解釈と対処法が、
    50編のエッセイとして語られています。

    とは言え、壇蜜さんは、とても不器用、
    むしろ、ネガティブ思考の方?なので、
    明日を頑張って生きるための活力剤…、
    などとは言いません、言えませんが…、
    どのエッセイも、あるある感が満載で、
    とても親近感のある内容、作品でした。

  • 本書ではファッションセンスがない、名前を覚えられないなどご自身の出来ないところをいろいろ書かれていたけれど、そんなことどうでもいいと思うほどの文才を見せられた。他の本も読んでみたい。

  • 人生

  • この人普段こんなこと考えて生活しているんだ…

    意味もなく親近感が湧いてしまった。

  • 2017.6月。
    好きだわあ、壇蜜とその文章。すっごい上手とかおもしろい文章というわけではないのに、知らないうちにくせになる。ちょっと『ちひろさん』を思い出させる。自分があって、心でどこか葛藤してて、ちゃんと孤独な人。そういう人に私は惹かれるみたいだ。

  • 779

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

壇蜜

1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範など多数の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2」(文藝春秋)、「壇蜜歳時記」(大和書房)、「どうしよう」(マガジンハウス)など著書多数。

「2020年 『三十路女は分が悪い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

壇蜜の作品

ツイートする
×