皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!

著者 :
  • マガジンハウス
3.30
  • (7)
  • (21)
  • (26)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 246
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729098

作品紹介・あらすじ

結婚って、超ハッピー?
それとも、地獄?
男と女の果てなき心理戦を痛快レポート!

アラサー期に恋愛モードを迎え、
「同棲→結婚」のパターンをたどった
人気女子作家の超個人的実況レポートで
男と女の真実がまるわかり!

・男がいると家事は3倍?
・男手問題は同棲で解決する?
・猫と暮らす女の弱点は?
・女が本当に欲しいものは?
・「男は大型犬」説の真実とは?
・・・etc.

婚前男女の9割が気づかない
男の実態、女の言い分が満載。
結婚を考える女子必読!
既婚女子には共感指数MAX!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旦那がクソ

  • 一緒に住むことによって起こる摩擦の愚痴エッセイ。
    恋人と同棲するって大変なんだなーと思いつつ、私も皿洗いは大嫌いなんでその辺の憤りは理解できる。
    けど料理作ったのが女なら皿洗いは男がして、料理作ったのが男なら皿洗いは女がすべきだろうよ。
    エッセイだけ読むとなんで別れないの?と思うけどエッセイ中にある通り、別れたり離婚するほどでは無い、一緒にいる楽しさの方が大きい、程度の憤りらしい。けど読んでる方としては「なんで別れない?」と疑問に思ってしまうあたり、発信者と受け取り側にだいぶ差が出るんだなぁと思いました。twitterで流れてくる愚痴ツイートも時々うんざりするんだけど(そういう人はものすごいRTするから)ひょっとしたらこれもこっちが感じるほど相手は重たくないのかもしれないのかもと感じました。

    まぁよくある男女のいざこざ。これといって解決策を提示するでもなく、上手に書いた「愚痴文章」です。精神状態が良いときに読まないと「なんで別れないんだよ!」とイライラしてしまうかも。

    人の旦那にこんなこと言う筋合いはないけど、こういう男は嫌いなんで尚更。

    あと前半はすごい愚痴のパワーがバーストしていて勢いがあるのに、後半になると一気にそれが失速していて、なんだよ…とちょっと拍子抜け。(結婚すると心持ちがなにか変わるのだろうか?)

    『夫は役立たずの代名詞である』の料理泥棒に関してはその怒りにすごい同意した。というか多分山内マリコ以上にムカついたと思う。あれはだめだろw

    twitterに流れてくる素人の愚痴を読むくらいなら、プロの書いた愚痴を読んだ方がいいので、そういうのが好きな人にはオススメの一冊だと思う。

  • 家庭内男女平等を意識した婚活〜同棲、結婚の話。
    エッセイ的な本なので面白くデフォルメされている部分もある。
    旦那さんの反論ページがあるのも面白い。
    複数あるエピソードのうちのいくつかは、共感できる女性も多いのでは。

  • 彼氏に読んでもらいました。

  • 結婚されたマリコ女史の同棲からの結婚生活のエッセイ。世の女性が旦那に持つ不満って結局おんなじなんだな、と思う。旦那の一言もあり、男の気持ちも少しわかる。

  • 途中で飽きた。
    最初の章にあまり共感出来ず…

  • おもしろく読めました。
    ホント男性って気が利かない人多いですよね! 言ったらしてくれるんだけど、こっちは毎回言いたくないんですよね。言わなくても考えて(気をきかせて)やって~みたいな。

    けど、著者も沸点引きすぎ!? だから、気が利かなさそうだけど、おおらかな彼氏(夫)でよかったんじゃないかなーって読んでいて思いました。

    こんだけ文句言っているわりには、すんなり結婚もされたようで。文句を言えるうちが花なのかもしれません。

  • 同棲、結婚にまつわる山内さんのエッセイ。ひたすら旦那さんに対する愚痴が続くため、そこに反感を持ってしまうと最後まで読むのが辛いんじゃないかなと思った。
    でも私には面白かったです。山内さんの文章って頭にスルスル入ってきて心地よいんですよね。大好き。
    基本、山内さんに共感しきりでしたが、旦那さんの言い分もわからんではない。うーん、やっぱり家庭内であれ男女平等とか難しい!
    私には結婚は向いてないなと思わされました(苦笑)

  • 山内マリコさんはエッセイも作品もテンションが変わらないのが面白い。
    結婚ていいのかな、良くないのかな。でも、はたで見ている限りは、楽しそうだな。他人と暮らすのって、いろんなもののすり合わせなんだなぁ……

  • ほぼ彼氏(夫)への愚痴なんだけど、わかる~っていうのが多くて、それだけで自分のストレスも発散できる感じ。
    軽快な文章でどんどん読めるし、すごく面白かった。
    初めて読んだけど、この方ってこういう文章を書く方だったのねぇ。。。
    他のも読んでみたくなった。


    結婚って、超ハッピー?それとも地獄?男の実態、女の言い分を30代女子の人気作家が痛快レポート!同棲→結婚でわかった、甘くて苦い男と女の真実。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山内 マリコ(やまうち まりこ)
1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業後、京都でのライター生活を経て上京。
2008年「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞し、12年8月連作短編集『ここは退屈迎えに来て』でデビュー。同作は2016年映画化された。ほか映画化された作品に『アズミ・ハルコは行方不明』。ほか、著作に『メガネと放蕩娘』『選んだ孤独はよい孤独』など。

皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!のその他の作品

山内マリコの作品

皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!を本棚に登録しているひと

ツイートする