東京の夫婦

著者 :
  • マガジンハウス
3.57
  • (7)
  • (23)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 437
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729616

作品紹介・あらすじ

「僕、51歳、福岡出身。M子、31歳、茨城出身。東京で出会った」

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。
夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。
東京で出会って、東京で夫婦になった。
ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。
東京の夫婦はたくさんいる。そのどれにもドラマがある。
これも一つの東京の夫婦のストーリー。


「大人計画」を主宰し、
作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。
2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」
(著者twitterより)と再婚した松尾氏が
その結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」
(雑誌GINZAで2015年より連載)が単行本化。
松尾氏ならではの諧謔的で赤裸々な描写に笑いつつ、
ときに本質を鋭く見据えた視点からあぶりだされる
「今の社会に漂う閉塞感や歪み」に共感させられる、
多面的な魅力を持つ作品となりました。
「今までの著作の中で最も文章を練り上げて書いたものの一つ」と著者も認める、
34の「結婚」の像。

「この本には、僕が大好きな松尾さんがたくさん詰まっています」
(帯コメント・星野源)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・人生の着地点の見えない子供のいない夫婦は、いつまでも、旅の途中なのだ

  • 松尾さんの本は初めて読んだ。
    「大人計画」を旗揚げした人っていうくらいしか印象はなく、でもこれを読んでみて普通に思い悩む、本当に自分と同じような人なんだな~と思った。
    完璧じゃない人の話はホッとする。
    自分もこれでいいのかな~って思えるから。

    M子さんと知り合えて本当に良かったです。
    大事にしてあげてください。

  • もう20年近く前、しょっちゅう観劇していた私をサブカルに引きずり込んだのは松尾スズキだと思っている。最初に読んだのは傑作「大人失格」。これ読んでドッグレッグスを見に行ったりもした。その後に出たエッセイも何冊か読んでるけど、どれも面白くてハズレがない。

    この本は2度目の結婚を経た後の夫婦生活を描いたもの。時々ニヤニヤしながら読んだ。とても読みやすかった。さすがに20年も経つと、昔とはテイストが違ってくる。丸くなったと思うし、あまり笑わそうと思ってない。雑に言うと松尾さん年取ったねーということなんだけど、それはお互い様だ。ただ、松尾さんにとってはいろいろあった20年だろうけど、自分は・・・何があっただろうか。いまだ結婚せず、この先もしそうもない自分は・・・。子供を持たないことに関しては、なんかわかる気がする。

    姉とのイザコザのくだりは、松尾さんも大変だろうけど、姉もずっと耐えてきたのだろう、と思うとやるせない気持ちになった。妻が年寄りの話を聞きすぎる、と書いたところでは、松尾さんの「おもしろ」への厳しさと、妻を独占したいという思いを感じた。

    二人で生きることは、一人で生きるのとは違った大変さがあるだろうけど、とてもいい二人ではなかろうか。ちょっと松尾さんが依存気味な気はするけど。医療や福祉に詳しい人と結婚すると、何かとありがたいなと思う。

  • 松尾さんは好きな俳優さん
    やっぱりなっという小気味よい文章
    が心地よかった。

  • 4/22はよい夫婦の日
    「愛情は、婚姻で永遠を約束することではありません」―。
    二度目の結婚をした松尾スズキさんが語る

  • 松尾ちゃんのことはもう何十年も好きだから、もちろんエッセイも毎回、松尾ちゃんらしいな…と面白く読めるのだけれど、この本にはとてつもなく考えさせられました。それは書き手ではなく、私の問題で。

    私は結婚もしないし、子供も作らないと決めています。恋人にもそれは伝えています。それは人に色々な思いを与えるだろうけれど、私はそう考えています。そのことがどういうことなのか、それを本当によく書いてくれていて、時々、泣きそうになりました。

    色々な人がいていい。そんな風に思えた一冊でした。

  • 私自身も年の差婚&選択子無しの結婚生活をしているので、共感できる部分があるかなと思い手に取りました。
    当たり前を押し付けられるのが物凄く嫌、スポーツに興味が持てない、町内のお祭りのテントにはどうしたら参加できるのか…共感ポイント沢山ありましたw
    これでいいんだと思わせてくれる本でした。

  • 松尾さんが奥さん大好きって事が伝わる。
    松尾さんの本を読むのは二冊目。
    以前読んだ本にも(当時の)奥さんの話があったが、前の奥さんについての言及も。
    今は幸せそうで良かった。

  • だいぶ読みやすく、面白い。
    やはり、喜劇役者という人はどこかしら欠如されている所があるのか、ものすごく親近感を覚えてしまう。
    竹中直人さん然り、西田敏行さん然り、松尾スズキさん然り。
    特に松尾さんは劇団を立ち上げ、率いてきた"リーダー"なのにも関わらず、捻くれてて突飛であって、親戚の端の方にいそうな人感ながら、舞台上やスクリーンからはなんとも言い難い存在感を感じてニヤニヤしてしまう。

    この人はまたこの演技をする為にどんなことを考えて、どんなことを犠牲にその間にどんなことがあったんだろうな、と考えてしまう数少ない俳優であります。

    ニヤリとし、声を出して笑えるところも。共感もありつつ、ホロっと泣ける。
    読めてよかった。

    #松尾スズキさんが好きだからこその感想

  • ◯友達に借りました。もともと雑誌で連載してたので短編で読みやすいです。私は「東京の独身」なのでいろいろと欠落してる(こんな表現でごめんなさい)松尾さんを支えれる奥さんに出会えて良かったなと思う。ほっこりネタが多いんだけどご実家の話は切ないなぁ。お母様のお話は父を思い出してしまうところもあるなぁ

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年、北九州市生まれ。第41回岸田國士戯曲賞受賞。戯曲『ラストフラワーズ』『ウェルカム・ニッポン』『業音』他。

「2018年 『ニンゲン御破算』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東京の夫婦のその他の作品

東京の夫婦 Kindle版 東京の夫婦 松尾スズキ

松尾スズキの作品

東京の夫婦を本棚に登録しているひと

ツイートする