行動経済学まんが ヘンテコノミクス

  • マガジンハウス
4.21
  • (57)
  • (55)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :931
  • レビュー :79
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行動経済学についてヘタウマな漫画で学べる本。ブルータス連載の書籍化。著者は佐藤雅彦とバザールでござーるの高橋秀明、菅俊一。新聞広告で気になったので図書館で借りた。

  • 「行動経済学とは、従来の経済学では説明しきれない人間の経済行動を人間の心理という視点から解明しようとする新しい経済学です。」(本書より)
    この行動経済学で使われる用語をマンガと簡単な文章による説明で紹介した本。
    用語説明のためのストーリーがわかりやすく、マンガの絵の昔でいう「ヘタウマ」な感じが良い。ちなみにあとがきによると、絵を描いた人はあの「バザールでござーる」のアートディレクションをやった人との事。
    また、あとがきにある本書ができるまでの経緯で、行動経済学をサザエさんでやればおもしろいはず、というくだりがあったが、これは実現しなくてよかったと思う。サザエさんで実現してたら、キャラに説明が食われてしまい、響いてこなかったはず。今回の絵だからこその相乗効果があると感じた。

  • 読みやすい。わかりやすい。絵がかわいい。今まで自分では納得して行動したり、経済に貢献したりしてきたことが実はなんかヘンテコな理屈だったと気づいた。こういう風に人は動くのか。。。絵がかわいかったけど、「バザールでござーる」を書いた高橋秀明さんだった。「バザールでござーる」がまだ人気がある、というのも驚きだった。

  • 面白い!!
    繰り返し読みたい。

  • 行動経済学を知れば、昔から興味のある心理学に通ずるとおもい読破。マンガのパターンがわかりやすく、解説が端的にまとめられた基礎本。
    国民栄誉賞を二度も辞退したイチローのエピソードが、アンダーマイニング効果の例で出ていたのが印象的。

  • いやー!面白かった!!!
    行動経済学と聞くと堅苦しいけど、気の抜けた(いい意味で)タッチの絵柄の漫画なのでとっつきやすい。
    それにしても私たちの日常生活の中にこれほどたくさんの罠が張ってあり、まんまとはまっているのかと気付かされる。
    しかし恐ろしいのは、罠にはまっているにも関わらず、自分で考えて選択したと思ってしまうところだ。
    でも分かっていてもやっぱりバイキング行ったら食べ過ぎちゃうんだろうなー(^_^;)

    報酬が動機を阻害するアンダーマイニング効果は最近読んだ「こどもは40000回質問する」にも同じことが書いてあった。
    内発的動機づけ(好奇心)に対して報酬などの外発的動機づけを行なってしまうと、報酬がないとやる気がなくなってしまう。
    イタズラをやめさせる為にあえてイタズラに対して報酬を渡すというのは面白い発想だなと感心したけれども、逆に考えると子どもが興味を持っていることに対して下手な報酬は与えないように気をつけなければと考えさせられた。
    子どもが頑張ってるとついつい応援したくてご褒美あげたくなる!
    でもそのご褒美は物やお金などではなく、子どもの頑張りを認めてあげる等精神的な支えになれるよう努めたい。
    (著書は子育て論はされていないが、ついつい子どもと関連づけて考えてしまいます…)

  • 行動経済学のあれこれを漫画で説明していて、おかしくもハッと気付かされ耳が(頭が?)痛くなる事例ばかりだった。
    短編集だからこそインパクトがあり、普段見聞きしない行動経済学についても興味が湧いた。

    短編であるが故に少し無理筋になっている漫画も、むしろ自分で調べて理解したいと思うほどだ。
    読み終わったあと、次の一歩まで背中を押してくれる本はなかなかない。

    あとがきもまた面白い。この漫画を生んだヘンテコな3人が出会う話。

  • タイトルにある通り9割まんがです。
    行動経済学は以前から興味があり、何冊か本を読んでいたので内容は知っているものばかりでした。
    ただ、まんがで描かれているため、とても分かりやすいです。

  • おもしろい。人々はこうやって世の中の経済に操られているのかー。勉強になったけど、結局忘れて世の中に操られるのだろな。

  • 行動経済学の主要な理論をマンガでわかりやすく解説。実際にはもっと難しい論理があるだろうけれども、入門書として、また興味を抱かせる本としては十分な内容・出来栄えだと思う。イラストもバザールでござーるや教育テレビで長年親しんだものだけに親近感がわく仕上がりであった。

全79件中 31 - 40件を表示

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
佐藤雅彦
ヨシタケ シンス...
又吉 直樹
ジェームス W....
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする