行動経済学まんが ヘンテコノミクス

  • マガジンハウス
4.21
  • (57)
  • (56)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :934
  • レビュー :80
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『新しい分かり方』を読んで佐藤雅彦が気になっていたところだったので。
    うん、やっぱり知的で手軽な面白さがちょうどよくていい。

  • 往年の学習漫画風の絵が楽しい。社会の仕組み、とりわけ経済活動に関することは、人が合理的に行動することを前提に作られているが、実際には私たちはしばしば合理的ではないことをする。さすがの着眼点で、わかりやすい内容になっていると思った。

  • わかりやすく、イメージしやいけど、漫画だと絵柄の個性もあって、内容が頭に残らなかった。行動経済学の解説書、新書を読みながら、理解しずらい専門用語の意味を本書で補う、という使い方もアリかもしれない。

  • 行動経済学についてヘタウマな漫画で学べる本。ブルータス連載の書籍化。著者は佐藤雅彦とバザールでござーるの高橋秀明、菅俊一。新聞広告で気になったので図書館で借りた。

  • 行動経済学に関する各事象について、漫画を用いてわかりやすく説明する書籍。アンダーマイニング効果、感応度逓減性、フレーミング効果、モラルorお金、メンタル・アカウンティング、アンカリング効果、代表性ヒューリスティック、おとり効果、親近効果、極端回避性、保有効果、プライミング効果、ハロー効果、上昇選好、目標勾配仮説、同調行動、認知的不協和の解消、損失回避の法則、参照点依存性、錯誤相関、無料による選好の逆転、プラセボ効果、双曲割引がメインで記載され、他にも確実性効果、確証バイアス、決定回避の法則、少数の法則、プロスペクト理論、利用可能性ヒューリスティック、ナッジについても補足されている。行動経済学のメインどころについて容易に理解できる書籍。

  • 割とポピュラーなものを扱っているのかな?自分でも知っているものがいくつかあった。
    行動経済学というと難しいが例え話、漫画で示されると分かりやすい。
    個人的には『新しい分かり方』の方がワクワクがあったかな。

  • 行動経済学がどんなもんか知ろうと思って買ってみた。
    ヒトが判断する時の諸々を解説している。売るためのマーケティングに近い。わたくしが追求したいのは作るためのマーケティングなのでちょっと方向が違う。
    但し、「価値判断」という意味では大事な見方だと思う。

    漫画なのでスルッと読める。
    入り口の本だからか、「そうなる」ってのはわかるけど、「どうしてそうなる」まではわからない。

    こういう理解で、当初の目的は果たされたのだろうか。

  • 2017/12/3

  • ちゃんと人間の行動のあれこれに名前がついてるのが面白かった。みんな心が同じように動いちゃうから、わざわざ名前がつくんだよなあ。
    中身は思い当たることばっかりでした。みんなそうなんだろうな。

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
菅 俊一
又吉 直樹
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
恩田 陸
夏目漱石
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする