行動経済学まんが ヘンテコノミクス

  • マガジンハウス (2017年11月16日発売)
4.24
  • (33)
  • (24)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :706
  • レビュー :40
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729722

行動経済学まんが ヘンテコノミクスの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 行動経済学に関する各事象について、漫画を用いてわかりやすく説明する書籍。アンダーマイニング効果、感応度逓減性、フレーミング効果、モラルorお金、メンタル・アカウンティング、アンカリング効果、代表性ヒューリスティック、おとり効果、親近効果、極端回避性、保有効果、プライミング効果、ハロー効果、上昇選好、目標勾配仮説、同調行動、認知的不協和の解消、損失回避の法則、参照点依存性、錯誤相関、無料による選好の逆転、プラセボ効果、双曲割引がメインで記載され、他にも確実性効果、確証バイアス、決定回避の法則、少数の法則、プロスペクト理論、利用可能性ヒューリスティック、ナッジについても補足されている。行動経済学のメインどころについて容易に理解できる書籍。

  • 割とポピュラーなものを扱っているのかな?自分でも知っているものがいくつかあった。
    行動経済学というと難しいが例え話、漫画で示されると分かりやすい。
    個人的には『新しい分かり方』の方がワクワクがあったかな。

  • 行動経済学がどんなもんか知ろうと思って買ってみた。
    ヒトが判断する時の諸々を解説している。売るためのマーケティングに近い。わたくしが追求したいのは作るためのマーケティングなのでちょっと方向が違う。
    但し、「価値判断」という意味では大事な見方だと思う。

    漫画なのでスルッと読める。
    入り口の本だからか、「そうなる」ってのはわかるけど、「どうしてそうなる」まではわからない。

    こういう理解で、当初の目的は果たされたのだろうか。

  • 2017/12/3

  • ちゃんと人間の行動のあれこれに名前がついてるのが面白かった。みんな心が同じように動いちゃうから、わざわざ名前がつくんだよなあ。
    中身は思い当たることばっかりでした。みんなそうなんだろうな。

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
瀧本 哲史
又吉 直樹
塩田 武士
夏目漱石
村上 春樹
ジェームス W....
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする