行動経済学まんが ヘンテコノミクス

  • マガジンハウス (2017年11月16日発売)
4.27
  • (32)
  • (23)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :694
  • レビュー :38
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729722

行動経済学まんが ヘンテコノミクスの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 行動経済学について興味を持ち始めたので手に取った。
    分かりやすい例を使って、専門用語を解説していて、さらっと読めた。
    これをきっかけに、他の行動経済学の本も読んでみようと思う。

  • あるある!

    わかりやすくて、参考になりました。

  • 今日本屋で見つけて買ってきて、今日読了。

    経済学という、とっかかりにくい分野の題材をマンガでわかりやすく解説されていて、おもしろかった。

    世界のイチローが国民栄誉賞を辞退したのはなぜか?を、経済学の本で知るとは思わなかった。

    レストランで、低価格のBランチにサラダとスープがついただけなのに割高なAランチ。選択肢がこの2つなら迷わずBランチを選ぶ主婦たち。ところがある日、なんとSランチが登場。かなり割高なので、ちょっと手が出せない…でも、このSランチがあることで、それまで食べていたBランチではなく、Aランチを選んでしまう心理。

    日常に転がる行動を経済学の観点から解説されると、妙に納得してしまった。

  • 新聞の書評で面白そうだと思ったのが読んだきっかけ。
    あるある的な人間行動が取り上げられているが、学術的な面から分析していくと、ある程度他人の行動を予測して、若しくはコントロールするとこが可能なようにも思えた。

    モチベーションの研究をしていく中で、改めて気付かされたのは「アンダーマイニング効果」

  • 本屋で平積みになっていて勢いで購入。わかりやすく、あっという間に読み終わった。この本をとっかかりにして次の行動経済学の本を読もうと思う。

  • すごくわかりやすかったし面白かった!また続編あったらいいのに!

  • とっつきやすさは最高!行動経済学のトピックスはあるあるネタの宝庫なのでそもそもとっつきやすいがマンガになることでさらにとっつきやすい。

    確実性効果を知る。自分の仕事の仕方の反省に。

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
瀧本 哲史
恩田 陸
菅 俊一
塩田 武士
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする