行動経済学まんが ヘンテコノミクス

  • マガジンハウス
4.21
  • (57)
  • (55)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :931
  • レビュー :79
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行動経済学をわかりやすいマンガにして、それの解説が書いてあるという構成の本。1話完結のマンガが23話あり、一つのマンガを読むと一つの行動経済学の概念が分かる。
    読んでいると、確かに人間の行動は合理的では無い事が多いなぁ、というのを改めて感じるし、行動経済学という学問って非常に面白いなぁ、と思ったりもした。行動経済学の入り口としては、これ以上の本は無いんじゃ無いかな、と思うくらいの出来。自分自身が取る理不尽な行動についても良く理解できたので、うまく生活に生かしていきたいな、とそんなことを感じた。

  • 漫画で面白おかしく描かれています。わかりやすいので、すぐに読めます。

    アンダーマイニング効果
    感応度逓減性
    フレーミング効果
    罰金による罪の意識の軽減
    メンタル・アカウンティング
    アンカリング効果
    代表性ヒューリスティック
    おとり効果
    親近効果
    極端回避性
    保有効果
    プライミング効果
    ハロー効果
    上昇選好
    目的勾配仮説
    同調行動
    認知的不協和音の解消
    損失回避の法則
    参照点依存性
    錯誤相関
    無料による選好の逆転
    プラセボ効果
    双曲割引
    サンク・コスト効果
    デフォルト効果
    フォールス・コンセンサス効果
    ピーク・エンドの法則
    確実性効果
    確証バイアス
    決定回避の法則
    少数の法則
    プロスペクト理論
    利用可能性ヒューリスティック

  • 人間は知的で合理的、ムダなことが大嫌い。それなのに、ときどき不可解で非合理的な行動をとってしまう。それでこそ人間。と言ってしまうこともできるが、一方でその非合理な行動の理由を知りたくなるのも、人間。そして生まれたのが、行動経済学だ。

    死亡率20%の手術と成功率80%の手術、どちらを選ぶ?AランチとBランチを比べて、安いBランチを注文していたお客は特Aランチの登場後もやはりBランチを選ぶ?

    これら人間の不可解な行動にも実は理由がある。本書はその理由を味のあるヘタウマなマンガでわかりやすく説明する。そして、最後の締めは、

    「人間とは、かくもヘンテコな生きものなり」

  • 面白すぎ。読まない理由がみあたらない。経済学とかマーケットとか、座学だと死ぬほどつまんないけど、これは、体験できるいわゆる経済学。そりゃ、ノーベル賞もとるわな。

  • 漫画なので、すらすら読めます。
    そして分かりやすい!
    仕事で使えそうな話ばかりで、特に「モラルかお金か」は目から鱗でした。
    買って正解の一冊です。

  • あとがきの中にある「行動経済学をなんとか新しい表現方法に結びつける」からの「自分たちでサザエさんをやるんだ」という流れ、とっても素晴らしかった。

    自分の興味のあるテーマを、自分の好きな人が表現したもので触れられることに感謝。

  • 行動経済学を楽しく分かりやすく学べる良本

  • 行動経済学のマンガ版。
    リチャード・セラーがノーベル経済学賞を取ったので、その延長線上で知っているものが多いが、考えられた切り口である。

  • 非常に面白い!!行動経済学の基礎が一発で分かる本。漫画なのでスラスラよめる。これをヒントに日々に仕事に活かせていきたい。
    ピタゴラスイッチを作った人の本らしい。なるほど。

  • もともと行動経済学に関心があり、ピタゴラスイッチの佐藤雅彦さんが手がけた本だったので迷わずに買いました。行動経済学は我々の日常生活に身近なものであることが良くわかる本です。

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
夏目漱石
瀧本 哲史
佐藤雅彦
エラ・フランシス...
ヨシタケ シンス...
恩田 陸
ジェームス W....
又吉 直樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする