行動経済学まんが ヘンテコノミクス

  • マガジンハウス
4.10
  • (78)
  • (90)
  • (33)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1178
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行動経済学をわかりやすいマンガにして、それの解説が書いてあるという構成の本。1話完結のマンガが23話あり、一つのマンガを読むと一つの行動経済学の概念が分かる。
    読んでいると、確かに人間の行動は合理的では無い事が多いなぁ、というのを改めて感じるし、行動経済学という学問って非常に面白いなぁ、と思ったりもした。行動経済学の入り口としては、これ以上の本は無いんじゃ無いかな、と思うくらいの出来。自分自身が取る理不尽な行動についても良く理解できたので、うまく生活に生かしていきたいな、とそんなことを感じた。

  • 漫画で面白おかしく描かれています。わかりやすいので、すぐに読めます。

    アンダーマイニング効果
    感応度逓減性
    フレーミング効果
    罰金による罪の意識の軽減
    メンタル・アカウンティング
    アンカリング効果
    代表性ヒューリスティック
    おとり効果
    親近効果
    極端回避性
    保有効果
    プライミング効果
    ハロー効果
    上昇選好
    目的勾配仮説
    同調行動
    認知的不協和音の解消
    損失回避の法則
    参照点依存性
    錯誤相関
    無料による選好の逆転
    プラセボ効果
    双曲割引
    サンク・コスト効果
    デフォルト効果
    フォールス・コンセンサス効果
    ピーク・エンドの法則
    確実性効果
    確証バイアス
    決定回避の法則
    少数の法則
    プロスペクト理論
    利用可能性ヒューリスティック

  • サザエさん風の漫画で描く、サルでもわかる行動経済学。「なぜ人は合理的な行動を選ばないのか」という疑問のもと、すべてをマンガというフレームの中で理解してもらうために、身近な生活シーンを用いながら、ときに見たこともない描き方で行動経済学を読み解く。

    学術をマンガでわかりやすくという本は多いけれど、この一冊は群を抜いていると思う。さすが佐藤雅彦さん、、の一言に尽きる。精度が高すぎて、もはやこわい。

  • 人間は知的で合理的、ムダなことが大嫌い。それなのに、ときどき不可解で非合理的な行動をとってしまう。それでこそ人間。と言ってしまうこともできるが、一方でその非合理な行動の理由を知りたくなるのも、人間。そして生まれたのが、行動経済学だ。

    死亡率20%の手術と成功率80%の手術、どちらを選ぶ?AランチとBランチを比べて、安いBランチを注文していたお客は特Aランチの登場後もやはりBランチを選ぶ?

    これら人間の不可解な行動にも実は理由がある。本書はその理由を味のあるヘタウマなマンガでわかりやすく説明する。そして、最後の締めは、

    「人間とは、かくもヘンテコな生きものなり」

  • 面白すぎ。読まない理由がみあたらない。経済学とかマーケットとか、座学だと死ぬほどつまんないけど、これは、体験できるいわゆる経済学。そりゃ、ノーベル賞もとるわな。

  • 漫画なので、すらすら読めます。
    そして分かりやすい!
    仕事で使えそうな話ばかりで、特に「モラルかお金か」は目から鱗でした。
    買って正解の一冊です。

  • あとがきの中にある「行動経済学をなんとか新しい表現方法に結びつける」からの「自分たちでサザエさんをやるんだ」という流れ、とっても素晴らしかった。

    自分の興味のあるテーマを、自分の好きな人が表現したもので触れられることに感謝。

  • とてもとても面白かった!

    人の思考癖、思い当たる節がたくさんあり、時になるほどーと唸りながら、苦笑いしながら読みました。

    冷静な思考をしているつもりで、その前の感情というベースが、その上に載る思考や行動に影響を与えている。
    そういった人の癖を、漫画で紹介しています。
    分かりやすく、興味が持てました。

    図書館で借りたのですが、手元に置いてたまに読みたい本。
    お勧めの一冊です!

  • これは良い。すばらしい

  • 行動経済学は、人間は合理的な行動をするという前提で考えられていたものが、説明できない非合理な行動をしているが、その行動を心理的に説明し、経済に応用したものと考えることだが、経済だけでなく、ストレスや不正、非合理的な損といった私達の心が生み出している見えない問題を解決し、より良い社会や生き方を生むために活用されるようになっている。定義された用語は難しく覚えにくいが、役立つ概念が多い。それを漫画にしてわかりやすく説明されている本で、入門編としては最適と思われる。

著者プロフィール

1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。慶應義塾大学教授を経て、現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授。主な著書に『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著・日本経済新聞社)、『新しい分かり方』(中央公論新社)、『考えの整頓』(暮しの手帖社)、『差分』(美術出版社)、『毎月新聞』(中公文庫)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけている、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』『‪0655/2355』『考えるカラス』など、分野を越えた独自の活動を続けている。2011年に芸術選奨受賞、2013年に紫綬褒章受章、2014年にカンヌ国際映画祭短編部門招待上映。‬‬‬

「2017年 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
恩田 陸
瀧本 哲史
宮下 奈都
エラ・フランシス...
村上 春樹
村田 沙耶香
佐々木 圭一
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする