レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓

著者 :
  • マガジンハウス
3.79
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838730216

作品紹介・あらすじ

第5回料理レシピ本大賞【料理部門】
エッセイ賞受賞の
『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』
待望の第2弾!

四季折々の食材を使えば、
一汁一菜でもバリエーションは無限。
一年間のリアルな食の記録を、
たっぷりの写真と共にお届けします。

作ってみたくなる、アイデア料理が全40品。
もちろん、大さじ◯杯、などの表記はないので、
エッセイを楽しく読みつつ、気楽に試していただけます。



アフロえみ子の食卓に欠かせない、
ぬか漬け、梅干し、味噌の手作りの仕方も載ってます。

この一冊で、食生活ががらっと変わります!


こんな食べ方あったんだ! 驚きの調理法を一挙公開。

干し大根おろし
ピーマンと干し椎茸のそば粉天丼
イワシのぬかみそ炊き
油揚げと切り干し大根のトマト味噌汁
ぬか漬けキュウリとバジルと麻の実の冷や汁
ナスとぬか漬けミニトマトの味噌パスタ
干し野菜のパエリヤ
渋皮付き栗ご飯
トウモロコシと干しダコの炊き込みご飯
練りゴマ焼きリンゴ
紫キャベツと玉ねぎのリゾット
トマト入り精進すき焼き
サツマイモ入りさつま汁
ホワイト鍋
煎り黒豆ご飯
金アジの梅酢干物
酒粕フレンチトースト
ネギと干しナメコのおから汁

●もくじ

<春の食卓>
一食200円で、ぜいたくな「一汁一菜」 
「干し大根おろし」は、炊きたて玄米ごはんの究極の友  
おじや万歳! ごはんと味噌汁の合体が実にウマい 
ごはんに酢を混ぜれば、立派な寿司! 2日目ご飯の大変身 
鍋振り不要! ダッチオーブンで作る、絶品焼き飯 
ベランダ栽培のピーマンで、限りなくタダに近い天丼定食。 
ごはんにも晩酌にも必須の「汁」。出汁なしで作る、究極の方法 
花粉症対策、究極のデトックスメニュー、「ぬかみそ炊き」 
手作り「桜の花の塩漬け」で、いつもの料理が春っぽく変身 

<コラム*ぬか漬けづくり>
ぬか漬けは生き物。「飼う」という気持ちで末永くおつきあい。

<夏の食卓>
乾物を醤油と酢で煮るだけで、混ぜ寿司の具が完成! 
夏のスペシャル、うま酸っぱい、具沢山のトマト味噌汁 
ベランダ栽培のバジルとオリーブオイルで、イタリアン冷や汁 
オリーブオイルで、そばサラダ。そば湯味噌汁が、またイケる! 
ニンニクなしでもイタリアン。全粒粉ならパスタ湯でスープも 
魚介はなくてもパエリア。炒めて炊けば、玄米もすぐふっくら 
夏は見切り品大盛況! すかさず、簡単調理でぱくり 
旅に出ても大丈夫! ぬか床保存のコツ、教えます 
密かな流行。ぬか漬けに、オリーブオイルとチーズと黒胡椒 
こんにゃく、アボカド、たけのこ。ぜ~んぶぬか漬けになります 

<コラム*梅干しづくり >
梅を塩で漬けて干すだけ。失敗しないし、失敗したっていいじゃないか。

<秋の食卓>
渋皮つき、ほんのり赤茶の栗ご飯、玄米だからウマいんです 
芯もヒゲも炊き込む、秋の絶品! トウモロコシご飯 
キノコはなんでも干してみよう! マツタケご飯を超える美味 
オーブンがなくても大丈夫。練りゴマと日本酒で焼きリンゴ 
ワンプレートに秋の彩りを盛る。主役は紫キャベツのリゾット 
野菜の甘味でがんもどきを煮て、ささっと二品完成 
ダッチオーブンで作るわが家の「機内食」。今日は銀杏ご飯だ! 

<コラム*味噌づくり>
手前味噌づくり、実践編。材料はおからと豆乳と麹です!

<冬の食卓>
一人鍋はわびしくない! 稲垣流すき焼きはダッチオーブンで 
ぽっかぽかにあったまる、わが家のさつま汁は、サツマイモ入り 
なんと大人っぽい味。冬野菜の激安御三家で作る「ホワイト鍋」 
干せば甘みも弾力もアップ! 冬の華やぎ、赤カブの酢漬け 
一年でいちばんおめでたい日の、ごちそうカボチャ 
すまし汁に青菜のみ。もはや禅的ともいえる、我が家の雑煮 
炒った黒豆をそのまま炊き込む。正月明けのごはんのうまさよ 
フグのぬか漬け(のぬか)で炒めキャベツ。発酵定食の完成 
初の海釣り。ぴちぴちの「金アジ」を、梅酢で干物にしてみたら 
熟成酒粕で作るフレンチトースト。これぞ大人のスイーツ 
肉も魚もOK。恐るべし、味噌漬けと粕漬けの威力 
無敵の手前味噌で、干し白菜と厚揚げの味噌炒め 
究極の美容食、おから定食の実力をとくと味わう! 
炊きたてごはんを白木の弁当箱に詰めるだけで、究極の美味 

あとがきにかえて 

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冷蔵庫なし、火はカセットコンロな生活で編み出した、干して萎びた大根のおろしが抜群においしいとか、豆腐のピクルス大成功!とかいう地味飯自慢を、「ぎゃー!うまそー!」って悶えながら読む本。‬

  • 何でもぬか漬け、玄米にすりごま、鯛の頭で鯛飯は真似してみようと思った。

  • どうしようもなく漬け物が食べたい。

  • 2冊目出てるの知らなくて、知った瞬間にぽちってた
    季節ごとの料理の写真がおいしそうでおいしそうで・・・

    やっとよみ終わり
    面白かったー!!目から鱗がぽろぽろです
    また絶対読み直す

  • 今の自分には無理だけど、文章が歯切れよく読みやすい。押し付けがましくもないし。
    酸味が大事になってくるのにとても共感。

  • 文章だけでなく、日々の食事の写真があるので、筆者の言う、どれだけ豊かで美味しい毎日なのかが一目瞭然。
    干し生姜、やってみよかな。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

稲垣えみ子(いながき えみこ)
1965年、愛知県生まれ。一橋大学社会学部卒。朝日新聞社入社。大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、2016年1月 退社。夫なし、子なし、冷蔵庫なし。仕事したりしなかったりの、フリーランスな日々を送る。その生活ぶりを紹介したテレビ番組『情熱大陸』が話題に。日本酒好き。著書に『魂の退社』『寂しい生活』(共に東洋経済新報社)ほか。
『もうレシピ本はいらない』で「料理レシピ本大賞 in Japan 2018」料理部門:エッセイ賞を受賞。

レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓のその他の作品

稲垣えみ子の作品

ツイートする