やっかいな人を自分のお城に入れない方法

著者 :
  • マガジンハウス
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838730353

作品紹介・あらすじ

小池龍之介、改め空朴。
住処を捨てて、路上生活者(ホームレス)になる。
放浪の旅に出た異僧のラストメッセージ!

いちばん付き合いたくない人と、
なぜ、離れられないのだろう?

あなたの心は、
自分だけの大切なお城。
それを守る方法を教えます。

いつの時代も尽きない、人間関係の悩み。
他人は変わらないし、変えることもできない―― 。
でも、苦手だったり嫌いな人こそ、
あなたの心に入りこんできて、気づけばいつも、
その人のことばかり考えてしまう自分がいる……。

この本では、その特性を知ることで、自分の心(=お城)を
やっかいな人たちに占領させない方法を紹介。
異色の僧侶・小池龍之介さんが、 やっかいな人を「モンスター」を称し、
その対処法についてじっくり語ります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
はじめに

この本を開いたあなたの回りには、「やっかいな人」が山ほど、
満ちあふれているに違いありません。だからこの本を開いたのでしょうけれども、
それ以前に、残念ながらこの世のすべての人は、実は、やっかいな人なのです!
ええ〜!!と思われるかもしれませんが、仕方ありません。
ぼんやりとした目で見ますと、
「やっかいな人」と「良さそうな人」がいるように見えるかもしれません。
が、それは気のせいで、「良さそうな人」も、実はけっこうやっかいなのです。
 
嘘か本当か、本書を読み通してみてください。
おそらく、すべての人が何らかの形で、
ここに書かれた「やっかいな」性質を、
潜在的には隠し持っていることが分かるでしょう。
ですから、この本の使い方は一つめとしては、
そうした人々のやっかいさの本質を理解して、
自らのお城に侵入してくるのを防衛することです。
が、二つめとしては、そもそもすべての人々がやっかいなのですから、
自分もまた誰かにとっての「やっかいな人」になってしまっていかねないことを自覚し、
予防することです。そうすれば、「自らの心」という名前のお城を、
清潔で、安全に保っておけるようになるでしょう。

どんなやっかいな人でも、
あなたがその人をお城の中に侵入させてあげるからやっかいなことになるだけです。
相手をお城の中に侵入できないようにさえすれば、
鉄壁の城塞が無敵であるように、安全であれるということを、
お伝えしてまいりましょう。
――もちろん、自分でお城を荒らすなら、
他人にやられる以上に荒れ果てるのですから、
他人のこと以前に、自らの手によってお城が荒れないようにすることこそ、
優先課題ではあるのですが! 

小池龍之介

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●7つのモンスターを例に考える、「やっかいな人」
支配欲モンスター/なんでもかんでも、押しつけてくる人
承認欲求モンスター/評価を求めてくる、メンドウクサイ人
念が強すぎるモンスター/なぜ、あの人と会うと具合が悪くなるのか?
略奪者モンスター/世の中は欲しがるひとだらけ?!
誤解魔モンスター/あなたは人の気持ちが分からない人だ
偽善者モンスター/あなたのお城にするりと入る
侵略者モンスター/侵略者さんは洗脳者さん

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • それぞれのパターンにあてはまる人がおもいだせれて面白い。相手がどうであるか、
    から切り離し、
    自分がとうありたいか突き詰めているように感じた。

  • ☆2018.9、小池龍之介、住処を捨てて、路上生活者となる

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。山口県出身。月読寺住職、浄土真宗系単立寺院沙光山正現寺住職。
東京大学教養学部卒業後、浄土真宗本願寺派教師課程で教師資格を取得。僧侶派遣アルバイトなどを経て父の寺の住職に。
2003年、ウェブサイト「家出空間」を開設、お寺とカフェの機能を兼ね備えた『iede cafe』を立ち上げる。
代表作に『考えない練習』『超訳 ブッダの言葉』『しない生活』など。

小池龍之介の作品

ツイートする