POPEYE特別編集 味な店 完全版 (マガジンハウスムック POPEYE BOOKS)

著者 :
  • マガジンハウス
4.70
  • (8)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838754809

作品紹介・あらすじ

「実家皿の店」、「メニューがひとつの店」、「塩対応の店」!?  <br>
人生が、そのまま店になる。<br>
誰にも真似できない、あの味、この店。<br>
愛すべき飲食店案内。<br>
(本誌 帯より抜粋)<br><br>
食を通して店、人、町を描いてきたフードエッセイスト・平野紗季子さんによる渾身の飲食店案内が完成しました。味な店= “そこにしかない物語の宿る店” 。「実家皿の店」、「メニューがひとつの店」、「塩対応の店」など個性的な切り口で、愛しきレストラン、食堂、カフェなど総数100軒以上の飲食店へ取材を重ね、50テーマ&250ページを超える大ボリュームの一冊にまとめあげました。<br> <br>
雑誌『POPEYE』の別冊付録として制作し話題となった小冊子「2018年の東京味な店」と、その後約3年にわたって同誌にて連載した「続・味な店」を再編集しています。<br> <br>
心まで満たす食体験を鮮やかに記述したグルメガイドであり、食の場をめぐる幸福な物語の数々を綴ったフードエッセイでもあり。作り手への敬意と愛とユーモアに満ちた、あたらしい形の飲食店案内をぜひお楽しみください。<br> <br>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本に載っているお店のほとんどに、わたしは一生行けないと思う。でもこの本を読んで、わたしはわたしの周りにある「味な店」にもっと通おう、大事にしよう、と思った。

  • マニアックさが最高

  • 平野紗季子さんの書く文章は、食べ物への愛が詰まっていて、本当に天才だと思う。この本を読んで、味な店に想いを馳せたら、小さな悩みなんてどっかにいっちゃう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1991年生まれ。フードエッセイスト。小学校の頃から食日記をつけ続け、大学在学中に日々の食生活を綴ったブログが話題となり文筆活動をスタート。雑誌等で多数連載を持つほか、菓子ブランド『(NO) RAISIN SANDWICH』のプロデュースなど食を中心とした活動は多岐に渡る。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)、『私は散歩とごはんが好き(犬かよ)。』(マガジンハウス)など。高校時代のあだ名はポテト。instagram: @sakikohirano

「2021年 『POPEYE特別編集 味な店 完全版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野紗季子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カツセ マサヒコ
益田ミリ
宇佐見りん
瀬尾まいこ
凪良 ゆう
伊坂 幸太郎
岸 政彦
川上未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

POPEYE特別編集 味な店 完全版 (マガジンハウスムック POPEYE BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×