ブスの瞳に恋してる (マガジンハウス文庫)

著者 :
  • マガジンハウス
3.51
  • (18)
  • (23)
  • (41)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 213
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838770014

作品紹介・あらすじ

放送作家・鈴木おさむと森三中・大島美幸は、なんと交際期間0日で結婚した!ドラマ化もされた爆笑スーパーエッセイ、抱腹絶倒の愛妻物語。書き下ろし「自分解説〜振り返ればブスがいる〜」もあわせて収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・買った経緯
    鈴木おさむと大島美幸がなんで結婚したかかわらんかった
    ・買った理由
    ブックオフで安かったからな気がする。
    ・のこってる感想
    エピローグは人生訓になってる。

  • すっげ軽~い気持ちで借りてきたんだけど
    思いのほか面白かった!
    なんだろう。
    男と女って、変に構えないで、もっとこんな風に自然体で楽しいコンビみたいに夫婦が出来たら素敵だな~って思った。

  • こんなおもろい夫婦いいなぁと思いました。

  • この本、なんでお勧めされたんだろう?
    例えばこの二人が全くの無名の人だったら?
    またはフィクションの人物だったら?
    全く売れないし、読まれることはなかったと思う。

    でも事実彼らは有名人で、だからこそ彼らの結婚または恋愛部分が本という商品として売れているのだろうけれど、正直全く興味はないんだなあ。
    だって他人の結婚または恋愛物語の事細かな話、しかも下ネタ多しってあんまり聞きたくないでしょ?
    聞きたいものなのかなあ?

    放送作家なら作品で、芸人なら芸で勝負すればいいと思う。
    こういうプライベートな部分の切り売りって、好きじゃあない。

    ただ、共感はできない部分が多いにしても、彼らが互いを本当に大切にしていることは伝わった。
    リスペクト出来る部分がなければ結婚できないって、そこはわかる。

    シリーズが続いているということはそれなりに需要はあるのだろうけれど、私はもういいや。

  • 婚約中のいま。
    ずっと仲良しでいたくて読んだ。
    マイブック、やってくれるかな〜〜*

  • なかなか下品だけど愛に溢れています笑
    交際0日だろうが結局は相性なのだと。
    素敵な夫婦です。

  • 一番ビビッたのが 人前でプライベートなのに尿をしでかした嫁(笑)

    あたしもみんなが見てたら出ないわ。そうゆう問題でないけど。
    屁をこきあえるカップルはすばらしいと思う。
    屁をこきあえないカップルもそれはそれでなおよし。でもずっとこけないままは嫌だな~~・・・
    さすがの放送作家だけあって読みやすいし 面白かったです。
    ブックオフで100円でしたがw

  • サラッと読めるのがいい。サラッとというのは貴重だ。

  • 明るい親御さんに育てられたんだろうなと思います。
    それでご本人も洒落の通じる明るい家庭を築きたかったんじゃないかしら。

    まっすぐな心でブスな奥様と接する旦那さんは素敵ですが、
    ブスな奥様がとってもよく出来た方だと思いました。
    ご苦労なさったんでしょう。不安を抱えていても、人の気持ちを思いやれる方。

    奥様が寝小便したり、野糞したり、性病移したり、法事でおめでとうと言われたり、
    よくまあこんだけ面白いことを起こす夫婦ですね。
    あれ?ひょっとして。この本は放送作家の旦那が芸人の妻を売り込む芸談なのか?

    優れた読み物にはハッピーエンドのような安心感があります。
    彼等はこんだけ面白いことをしでかしても、
    いつでも互いを大事にできる、とても暖かな夫婦です。

    あこがれ、あこ、あ…うらやま、う、うら…。
    素敵な二人。こうありたいものです。

  • 24時間マラソンでこんな夫婦いいな、どうしたらこんな運命的な出会いがあるのかと思って読み始めた本。出会いは運に任せるしかなさそうだけれど、毎日こんな風に悩んで笑って過ごせることが幸せなんだろうな。おならの反応には納得。何事も2人の空気感で険悪にも幸せにも感じるのだろうな。マイブックやりたい!

  • 愛にあふれた二人のスタート
    かなり、おもしろい。
    唯一無二の2人。素敵です。

  • フツーに面白い。すらすら読める。
    さすが、人気放送作家の作品。
    包み隠さない夫婦のエピソードがおもしろい。

  • 随分前に読んだ本。大島サイドの方も買ってみたので、こっちにもレビューを。
    テンポが良くて読みやすかったし、何も考えず軽い気持ちで読めた。途中までは純粋に楽しかったが、下ネタが大半を占めてて下品。もうちょっと控えめなネタであれば尚好みだったかもしれない。

  • 電車で読んでいたら吹き出しそうなくらいおもしろい。下品だなぁと思いつつ、ここまでさらけ出せて愛し合えるってなんかいいなって思った。すっごくかわいい夫婦。

  • 醜美なんて超えた愛が見える。ポジティブも貫き通せばこうなるのか(笑)

  • 自分の奥さんのことをブスってすごくたくさん書いてあるけど、なんか大切に思ってるんだなぁって思えてにこにこしました。

  • この本は、放送作家の鈴木おさむさんと吉本の森三中の女性トリオ芸人の一人、大島美幸さんの結婚生活を書いた実話です。
    書き始めから、鈴木おさむさんは、自分の妻である、大島美幸さんを「ブス」と書いています。普通、結婚した相手に何回も「ブス」と言われたら悲しいと思います。でもブスブスと言っていても、鈴木おさむさんは大島美幸さんを本気で愛していると言い張れるし、世界の中心で愛を叫べるとも書いています。
    私は鈴木おさむさん夫婦は、とてもほんわかした夫婦で理想的だと思います。笑いが絶えない明るい結婚生活だと思うので、私もこんな夫婦になれたらなと思いました。

  • 森三中の大島と結婚した鈴木おさむのエッセイ。

    実話とは信じられないような数々のエピソードが書かれている。

    さすが作家だけあって、文章のテンポもよくて読みやすかった

  • 本屋で途中まで立ち読み。面白いじゃないか。それだけにドラマがほんとうにつまらないシナリオと演出で残念だったなぁと改めて思った。

  • 面白かったです〜〜〜。
    交際期間0日で結婚した2人の色々が書かれてます。
    ってか、大島って結構・・・やっぱ芸人なんだね〜〜〜。
    TVで見ててもそこまではっちゃけたイメージなかったけど、結構いろいろやってるんだなぁ〜と思った。
    どんなのろけも体重80キロの奥さんってことで笑いに変えて、書かれてて脱帽!

全32件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブスの瞳に恋してる (マガジンハウス文庫)のその他の作品

ブスの瞳に恋してる 単行本 ブスの瞳に恋してる 鈴木おさむ

鈴木おさむの作品

ブスの瞳に恋してる (マガジンハウス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする