存在の詩

著者 :
  • めるくまーる
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (664ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839701789

作品紹介・あらすじ

現代の覚者OSHOが最後の、そして究極の体験を語る。幻の講和録、復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • インドの哲人、OSHOの講話録。東洋思想のエッセンスを分かりやすく説いた本と解釈してます。僕の中には、読んでいると身体が冷える本と温かくなる本があるのですが、この本は読んでいると、不安や恐れが段々と消え、ポカポカ安心して来ます。戦わない事、ゆったりと自然でいる事。タオの教えなどにも似ているような気がします。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931年12月11日、インドに生まれる。1953年3月21日、21歳にして究極の覚醒を得る。ジャバルプール大学で9年間哲学教授を務めた後、大学を去り、インド各地で講演を行う。仏典、聖典、禅録、タオ、ヨーガ、スーフィズム、タントラなどの経典を題材としながら、人間の意識の覚醒と瞑想の必要性や新しい人類のヴィジョンを説く。古今東西のあらゆる領域にわたって語るOSHOの講和は650冊以上出版され、三十カ国語に翻訳されている。

「2020年 『存在の詩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

OSHOの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エックハルト・ト...
ヴィクトール・E...
ギュスターヴ・ル...
エーリッヒ・フロ...
遠藤 周作
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×