Macintosh的デザイン考現学―アップルプロダクトと世界的デザインの潮流を探る (Mac Fan BOOKS)

著者 :
  • 毎日コミュニケーションズ
4.09
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839906917

作品紹介・あらすじ

本書は、Macintoshというコンピュータを核として、さまざまなプロダクトデザインの潮流を探るとともに、その背後に隠されたデザイナーのメッセージを解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Macintoshほど熱狂的なファンを持つ「機械」はない。その最大の理由は、Appleがずっとこだわり続けてきたデザインにある。本書は、そんなこだわりをひとつひとつ丁寧に取り上げており、Macファンにはたまらない1冊に仕上がっている。

    本書は雑誌「Mac Fan Beginners」の連載記事を加筆修正したもので、大きく2つのテーマに分かれている。最初の「Macintosh博物館」では、1984年に初代Macが登場してから1990年代に至るまでの代表的なモデルを紹介し、デザインの変遷をたどる。そのデザインに至るまでの経緯や、発売された後のユーザーの反応など、さまざまなエピソードも読みごたえがある。「別館」では、周辺機器なども取り上げられている。 メーンとなる「Macintosh的デザイン考現学」は、自動車や掃除機など他分野の機械のデザインと、Macのデザインとを具体例をあげながら比較するという非常に面白いコンセプトで、Macがそれらに与えたもの、与えられたものを著者なりに考察していく。読み進めると、個性的なMacのデザインが多くのファンに受け入れられてきた理由が、何となく見えてくる。Macそのもののデザインだけではなく、他の製品のデザインも注目すべきものばかりなので、カタログのように見ることもできる。

    Macユーザーはもちろん、Mac以外のユーザーにも、Macをめぐる新鮮なストーリーをぜひ楽しんでいただきたい。(上野祥子)

  • 2002年に出版された本ですので、「アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡」と違い、ジョブズが復帰しジョナサン・アイブがデザイングループを率いるようになった今のアップルの世界観を感じることができます。
    「アップルデザイン」のように、時系列でアップルの製品をたどっていくというよりも、著者である大谷さんの目で、Apple1から2002年当時の最新機種の中から、特にデザイン面で優れた製品をピックアップし、そこに込められたデザイン・コンセプトや設計思想を解説するといった趣旨でまとめられています。
    オリベッティのタイプライターとApple2のデザイン的関連性にスポットを当てるなど、アップルの製品だけでなく、その時々の世界的なデザインの潮流を含めて解説している点もとてもいいです。

  • Macintoshの先進的で美しいデザインの歴史がぎゅっとつまった一冊。かっこいい!!

  • Macintoshのデザインの変遷。
    これ読むと初代Macが欲しくなる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。テクノロジー・ジャーナリスト、グッドデザインパートナーショップ「アシスト・オン」創立メンバー兼取締役。
スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツらへのインタビューを含む取材、執筆の他、企業のデザイン部門の取材や、製品企画のコンサルティングなどを行う。「AERA」「DIME」「日経コンピュータ」「Mac Fan」「アクシス」「Product Design World」などの媒体に数多く寄稿。
著書に「アップルの未来 ポスト・ジョブズ時代に革新的な製品は現れるのか!?」(アスキー新書)、「スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think defferent. なぜ彼らは成功したのか?」(マイナビ)、「電子書籍制作ガイドブック プロフェッショナルのための最新ノウハウのすべて」(インプレスジャパン)などがある。

「2012年 『成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか 一枚の写真が企業の運命を決める』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大谷和利の作品

ツイートする