ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)

著者 :
  • 毎日コミュニケーションズ
3.18
  • (8)
  • (31)
  • (68)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 316
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839922115

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メディアマーカーRSSを見て興味。

  • ライフハック系の著作のある佐々木正悟氏のライフハック理論に関する概念的な内容の本でした。
    先日読んだ著作はあまりに具体的すぎて使えなかったが、本作は具体性がなく応用しづらいという感じ
    ただ、佐々木正悟氏のライフハックを考える上で、押さえておきたい理論的素地であるようだし、佐々木正悟式ライフハックを実践したいなら読む価値はあるだろう

    参考になりそうな点として、
    ・ライフハックスとは
     「鮮やかなタスク管理術」「効果が確かなものとして実感されるもの」
    ・余計なことで悩まない=認知のための記憶などを節約できる
    ・タスクは1つにまとめる
    ・ツールを使うことによって解消される悩みは何か、が大切
     やるべきことを減らす、覚えておくべきことを減らす、ルーチンは確実に
    ・その日の価値を知る。(締切日を100ドルとして、前日90ドル、、、とする)
    ・新しいものから面倒を見る
    ・超整理法の利点は、分類せずに整理できる点
    ・作業日誌をつけることで、暇な時間を見つけ出す。
    ・長期計画を完遂するためには、計画を細かく砕く。マインドマップなどの活用。
    ・たとえ昨日のことであっても思い出すのは難しい。メモを取って、明日の自分に引き継ぐ。
    ・10回以上音読を繰り返して覚える。
    ・何かをマスターしたいと思ったら、とにかく同じ行動を出来るようになるまで繰り返す。
    あたり

  • 1

  • 今までの著者の本と基本的に代わり映えしない内容。

  • -

  • "1.認知リソースを解放
     やるべきことを少しでも減らす、覚えるべきことを減らす、ルーチンワークを確実にこなす。
    2.時間管理でやる気を管理
     見えるか=危機感をつくる、計画を立てる、後でいいことが待っている状態をつくる、日付に値段をつける
    3.情報整理とアフォーダンス
    4.アーカイブへ取り組むために
     習慣化にする工夫
    5.心理ハック
    6.近未来ライフハックス

    ちょっとした工夫で知的生産性を向上する本。"

  • オーディオブックにて視聴。

    ちょっと古い本で紹介されてるサービスなんかも古かったりするんだけど、これはこれで今よりツールもモバイル環境もない時代にどういう工夫が凝らされていたかが見えて実に面白い。

    ライフハックは「仕事を鮮やかにこなす工夫」という概念も中々に良い。効率化ではなく、自然とそうあるべき姿に近づけていく。ライフハックとは足し算のお化けではなく、最もシンプルで無駄のない動作であるべきだ。

  • 2013.4.29 再購入し再読

  • やや古い著作だが、単なる小手先の”ハック” (仕事術)ではなく、一階層上のメタ情報としての知的生産術を心理学の知見を交えながら紹介している。
    認知リソースの解放はその後よく知られるようになってきたが、時間管理=sentiment管理、整理術はアフォーダンスが重要、など知的生産に臨む新しい視点が提供されていて非常に参考になった。特に第4章の長期計画はそもそも必要性が疑わしく、ほとんどは達成できないから自尊心を傷つけ危険ですらあること、一見無駄に思える事でも精神のバランスを維持するのに有用な時間は削ってはいけないこと、行動パターンを変えるのは大変難しく、何か行動に快感を伴わないと長続きしないこと、など非常に説得力のある内容。今までそんな風に考えたこともなかった。

    それにしても上梓から10年程しかたっていないのに、デバイスやテクノロジーに関する記述が全く役に立たないほど古くなっているのには驚いた。”Before i-Phone”時代の人から現代を見ると信じられないことばかりだろう。著者がやりたいと書いていることのほとんどはスマホとEvernoteなどのクラウド系サービスで実現している。それだけ著者の慧眼が優れているという事でもある。唯一電子ペーパーだけは流行らなかったけれども。

  • 精神論も有用。
    長期計画は人によって合う合わないがある。
    アラーム機能を活用。
    超整理法はシンプルでスマート。
    超整理手帳のスケジュール一覧、全体が俯瞰できる。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。
1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。
同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。
帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。
著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)のほかに『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』(ソーテック社)など。また、共著に『iPhone情報整理術』(技術評論社)がある。
「シゴタノ!-仕事を楽しくする研究日誌」にて連載中。

「2018年 『やめられなくなる、小さな習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)のその他の作品

佐々木正悟の作品

ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする