SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス ~ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション~

著者 :
  • 毎日コミュニケーションズ
3.12
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839924102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上司が読めといって渡してきたので読んだ本。■一言で言うと・・・SaaSという「破壊的なイノベーション」による「パラダイムシフト」がおこりつつある■もう少し細かくいうと・・・□SaaSとは何か、そのメリットについての説明 ◇SaaSはASPの発展版 ◇シングルシステム/マルチテナント  ・一つのシステムを複数ユーザで共有   ⇒安価にて提供可能 ◇ユーザ別カスタマイズの可能性  ・パラメータ、スクリプトを書き換えることで   ある程度ユーザに特化したシステムにできる  ・パッケージソフトウェアほどのカスタマイズ   自由度はない□SaaSはソフトウェア・ビジネスモデルを転換する ◇「所有」から「利用」へ ◇SaaSプロバイダだけでなく、  そのパートナー企業のビジネスモデルも変化する□ユーザサイドから見たSaaS活用戦略 ◇コアビジネスかつミッションクリティカルな領域  以外はSaaS移行可能 ◇SaaSとパッケージソフトウェアのTCO比較

  • SaaS はバズワードか?まだ結果は出ていないが、ASPでそこそこ利益が出ている会社もあることを考えると、案外うまくいくかもしれない。しかし、現在のところ、セールスフォースドットコムとGoogle以外に巨額の利益を上げている会社がいない。技術面ではRIA/Silverright/JavaFxなど面白そうなものもあるがどうなることやら。あまり新たな知見は得られなかったが、セールスフォースドットコムなどがアプリケーションベンダーからプラットフォームベンダーへとシフトしようとしているというのは興味深い。結局のところ、カスタマイズしたら、それはそれで公開したいんだね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

城田真琴(しろた まこと)
野村総合研究所デジタル基盤イノベーション本部デジタル基盤開発部グループマネジャー/上級研究員
2001年に野村総合研究所に入社後、一貫して先端ITの動向調査と先端ITが社会に与えるインパクト等を調査・研究している。総務省「スマートクラウド研究会」技術WG委員、経済産業省「IT融合フォーラム」パーソナルデータWG委員などを歴任。

「2018年 『デス・バイ・アマゾン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城田真琴の作品

ツイートする