変わりゆく現代将棋 上

著者 :
  • 毎日コミュニケーションズ
4.25
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 63
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839934408

作品紹介・あらすじ

七冠制覇を成し遂げた羽生は、1997年夏、「将棋世界」誌上で矢倉をテーマに5手目最善手を追究する壮大な連載をスタートさせた。無限の広がりを見せる将棋の変化に羽生の頭脳が立ち向かう。当時20代の羽生が将棋の真理に挑んだ渾身の作品、ついに単行本化。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

◆監修 羽生善治(はぶ・よしはる)
1970年埼玉県所沢市生まれ。二上達也九段門下。1985年、プロ四段になる。史上3人目の中学生棋士。1989年に初タイトルとなる竜王を獲得。1994年、A級初参加で名人挑戦者となり、第52期名人戦で米長邦雄名人を破って初の名人に。将棋界の記録を次々と塗り替え、1996年には谷川浩司王将を破って、前人未到の七冠独占を達成。どんな戦型も指しこなすオールラウンダー。2014年には4人目となる公式戦通算1,300勝を史上最年少、最速、最高勝率で達成。2017年、第30期竜王戦を制し、すでに保持していた永世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖を合わせ、「永世七冠」の資格を獲得した。最近は将棋界だけでなく、AI知能との未来についての対談・取材を精力的にこなす。広く財界の人々との対談からその考え、生き方を広めていく活動も続けている。将棋界のスーパーヒーローである。

「2022年 『羽生善治監修 はじめての人ともう一度の人の 詰将棋 - 1・3・5手詰 –』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羽生善治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×