サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている (マイナビ新書)

著者 :
  • マイナビ
3.46
  • (42)
  • (92)
  • (122)
  • (29)
  • (7)
本棚登録 : 1071
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839941932

作品紹介・あらすじ

停滞する日本経済、職場の人間関係、仕事の成果が思ったように上がらない-。このようなサラリーマンの一般的な悩みについて、世界中の学者が研究を進めています。そして近年、着実にこの悩みに対する「答え」は出そろい始めているのです。さあ、みなさんも一緒に、世界最高の学者たちが導きだした世界最高の「答え」を手に入れましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 経済学 心理学 経営学 辺りの理論をサラリーマンの悩みに当てはめていった感じです。各学問から一冊ずつでも何か読んでいれば内容のほとんどはカバーできる、又は既に知っていると思います。一方で今まで特にその様な本を読んだことがなければ、一気にいいとこどりできる為、非常にお薦めです。

  • 仕事から幸福を得る方法にストレングスファインダーが出ていたのは、良かった。論の進め方に似たものを感じる。多分著者は、「着想」の強みを持っている。

    ・マルサスとリカードの「貧困はなぜ起こるか」の研究。
    彼らが「なぜ貧困が起こるのか」という問いに対して出した答えは、人口が増えれば増えるほど食料の増産が必要になるが、新たに農地にする土地はこれまでに比べて条件の悪い土地も開発しなければいけなくなるからだ、というものでした。
    →収穫逓減の考えの元の概念がよく分かる。ここから、会社で同じ様な努力をしても、帰ってくるものが少ないという主張に繋げる。

    ・マーティン・セリグマンのVIAテストによる人の強み。
    6つの知恵に関する美徳(好奇心・向学心・柔軟性・創造性・社会的知性・大局観)と、3つの勇気に関する美徳(勇敢さ・忍耐力・誠実さ)、2つの人間性に関する美徳(親切心・愛情) 、3つの正義に関する美徳(チームワーク・公平さ・リーダーシップ)、3つの節度に関する美徳(自制心・思慮深さ・謙虚さ)、それと最後に7つの高い精神性に関する美徳(審美眼・感謝・希望・目的意識・寛容さ・ユーモア・熱意)を加えたものをいいます。
    →出世するには、今の仕事を楽しみながら行えている事が大切という主張に繋げる。ストレングスファインダーも紹介されていて、とても嬉しい。ただ、参考までにこちらもどうぞ的な扱いだった。本を買わないとテストできないから、しようがないか。。無料のVIAテストのページは工事中だった。残念。

    ・このような組織行動論の研究が明らかにした大きな発見は、「人間は自分にとってベストなやり方を全ての人にとってベストだと錯覚してい る」ということです。
    …チームにおける9つのポジションとはそれぞれ、「創造・革新者」「探究・プロモーター」「評価・開発者」「推進・組織者」「完結・生産者」「管理・検査者」「擁護・維持者」「報告・助言者」「連結者」
    →こちらで紹介されていた本は、スティーブン・ロビンスの「組織行動のマネジメント」。評判も良いので、いずれ読みたい。

    ・素晴らしく幸せな人々とそれほどではない人の違いを分けるものは何か。唯一の外部的な要素は、豊かで満ち足りた人間関係の有無だった。

  • サラリーマンの一般的な悩み・・・ついぐちぐちとなって、本当に解決したいと思っているのかくだを巻いているだけなのかわからない無駄な時間を過ごしがち。そんな、悩みに学術的な考え方を紹介し、さらに深めたい場合の参考書籍までテーマごとに紹介されています。自分の天職を見つける方法なんていうのも非常に興味深かった。試してみよう。

    つまらないところで悩んでないで、すでにある思考のフレームワークを活用して、本当に「考え」で「実行」しろということですね。おもしろい本です。

  • [読んだ理由]==================
    「統計学が最強の学問である」と同じ著者だったので。タイトルだけ見るとありがちな自己啓発本かと思うけど、この著者なら客観的なデータの裏付けを持った話であることに期待して読んでみた。


    [読んだ後の感想]==============
    触れている話題の範囲が広くて、1つ1つの内容はどうしても深くはない。その点以外は凄く分かりやすく腑に落ちやすい展開で読みやすかった。仕事観から家庭の考え方、幸福論?まで、幅広く学問的知識を広げられたので読んでよかった。


    [備忘録]======================
    ■第一章:なぜ、いくらがんばっても給料が上がらないのか?
    労働者は不当に搾取されているわけではない。搾取されているのであれば転職すれば良い。

    やり方が同じである限りは、頑張れば頑張るほど、生み出す価値の平均値は徐々に薄まっていく(収穫逓減の法則)。

    利益を出すには、同じやり方のまま頑張るのではなく、「新しいやり方」を生み出すことが不可欠。それは、皆さんがまだ持っていない種類の知恵。例えば最新の学問的知識たち。

    「新しいやり方」は、複数の知恵やアイデアの化学反応で生まれる。

    かつての日本の経済成長の元は、読み書き算盤といった知恵。それがいまどきその程度では他国と差別ができなくなっている。一方で大学レベル以上の学問の知恵は日本にまだまだ不足している。

    個人として、きちんとした姿勢を常に身につけ、それを周りと共有する姿勢を持ち続けることが重要。また、知識やアイデアが十分にストックされたり、使われたりしている場に居続けることも重要。

    給料の低さを愚痴る時間を、きちんとした学問の知恵と、異業種における知恵を学ぶことに費やして、「新しいやり方」を生み出していこう。

    ⇒最新の経済学についてのおすすめ本「ソウルフルな経済学」ダイアン・コイル著 インターシフト刊


    ■第二章:なぜ、お金が貯まらないのか?
    お金が賜らないのは「お金の感覚」が穴だらけだから。

    タンス預金は銀行の破綻よりもはるかにリスキー。
    損失嫌悪バイアスと、現状維持バイアス。リスクを避けすぎるリスク。

    「毎月の投資積立額」=「現在の収入」-(「現在の収入」-「理想的な節約状態」)÷2

    リスクヘッジの一環としての投資のあり方を実践しよう
    1:悲観的な経済ニュースのインデックス
    2:第一の投資先と逆相関するインデックス
    最近流行りの投資先は選ばない。自分のスキルや勉強のための投資が、一番効率が良くて景気も悪くならない。

    ⇒行動経済学のおすすめ本:「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー著 早川書房


    ■第三章:どうすれば楽して出世できるのか?
    まじめに頑張って仕事をしているだけの人は情熱を感じる天職をこなす人には勝てない。

    天職を見つけるために、自分に正直になって「意義」と「喜び」と「得意」はなにか考えなおしてみる。
    MPSプロセス(Meaning,Pleasure,Strength)
    自分は特に、どんなことに意義を感じるのだろうか
    自分は特に、どんなことに喜びを感じるのだろうか
    自分は何が得意なのだろうか

    「もしあなたが神様やスーパーマンだとしたら、社会や自分をどのように作り変えるでしょうか。逆にどのような社会に作り変えられてしまったらひどい憤りや悲しみを感じるでしょうか」
    「あなたが大富豪で生活のことを全く心配しなくても良くなったとして、いわゆるレジャーや贅沢にも飽きてしまったら何をし始めるでしょうか。あるいはどれだけお金をつまれても絶対にやりたくないことは何でしょうか」
    「一生一つのことだけをやり続けなければいけない、と言われた時に、何をやり続けることだったら苦にならないでしょうか。逆に何をやらせ続けられたら苦痛を味わうでしょうか」

    VIAテストやストレングスファインダーを使って自分の強みを理解する。
    http://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/
    試しに自分の美徳をすべてつなげて「私の天職は○○することです」という文章を書いてみる。

    一時的に収入が下がったりすることがあったとしても、天職に携わることが出世のために一番重要。

    ポジティブ心理学のおすすめ本:「世界でひとつだけの幸せ」マーティン・セリグマン著 アスペクト刊


    ■第四章:どうすれば職場の人間関係はうまくいくのか?
    人と仕事をする上で絶対的に正しいやり方は存在しない。
    自分にとって当たり前のやり方を押し付けることが失敗の原因のほとんど。相手や儒教のタイプごとによりよいやり方はなにか考えるべき。
    あなたが今までやってきたリーダーシップの発揮の仕方は、いわばじゃんけんのグーだけで戦い続けてきたようなものだとさえ言える。

    良いリーダーシップとは「相手が良い仕事をするために必要な物を提供すること」。
    「仕事の構造化」「感情的サポート」「自信とやりがい」「ビジョンと情熱」のどれを与えるべき相手と状況なのかよく考えて実践する。

    仕事の9つのポジションのどれを誰が担当すべきか、何が足りていないかを考えよう。
    創造/革新者、探求/プロモータ、評価/開発者、推進/組織者、完結/生産者、管理/検査者、擁護/維持者、報告/助言者、連結者。

    上司など目上の人たちに対しては「専門力」のパワーで立ち向かいましょう。

    組織行動論のおすすめ本:「組織行動のマネジメント」ステファン・P・ロビンス著 ダイヤモンド社刊


    ■第五章:どうすれば仕事はうまく回るのか?
    日本的マネジメント(Kaizenや5S)は、既にやるべきことが明確で、同じ定常作業を繰り返す仕事において、一人ひとりがどう頑張るかという知恵。プロジェクトマネジメントはその全く逆に「どのように仕事を行なって目標を達成するか」「どうチームを組んで、できるだけ頑張らずに成果を上げるのか」という考え方。

    スケジュールの遅れは絶対に避けようがないが、影響を正しく評価すれば早めに手を打つこともできる
    「計画を変更することによる影響」が整理されていればステークホルダー相手にも交渉しやすくなる

    プロジェクトマネジメントだけでなく、それ以外のリーダーシップのあり方も大切にする。

    プロジェクトマネジメントのおすすめ本:「世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント」サニー・ベーカー、キム・ベーカー、G・マイケル・キャンベル著 総合法令刊


    ■第六章:なぜ、いくら仕事をがんばっても家庭がうまくいかないのか?
    毎日お互いの予定を確認して、雑談して、感謝を言葉にする。

    マーティン・セリグマン 3つの会話上のテクニック:
    1.とにかく相手の発言を確認する。相手の話を深くきこうとする姿勢を常に見せる。
    2.話に集中できない原因を取り除いておく。取り除けないなら相手に正直に伝える
    3.口論になりそうなときには、話す順番を決めるルールを作る

    ネガティブな言葉の5倍ポジティブな言葉を掛けあいましょう。

    性格は生まれつきのものではなく日々の習慣ですぐに変わるもの。人間の性格はその気になればいくらでも変えられる。性格とは「習慣」である。

    毎日寝る前に3つ、その日あったよかったことを思い出てメモ。これだけで頭のなかで徐々に「ポジティブな志向の習慣」が根付き、ポジティブな言動が当たり前となる。
    成功者の多くは強いポジティビティを持っている。

    この本に書かれているような科学的アイデア以上に、あなたの仕事で役に立つアイデアを奥様はすでにたくさんお持ちかもしれません。家庭での会話が不足しているということは、せっかく長時間深い話を出来る相手を持ちながら、そうしたアイデアへアクセスする機会を無駄にしているということ。

    「実践入門 ポジティブ・サイコロジー「よい生き方」を科学的に考える方法」クリストファー・ピーターソン著 春秋社刊
    「理系男子のための恋愛の科学」秀和システム刊


    ■終章:それでも悩みの尽きない日々をどう生きればよいのか?
    幸福感の大半を占める3つの考え方:感謝と許容と気付き。
    感謝:他の誰かの人柄だったり、道徳的な行いの素晴らしさを強く認識すること。
    許容:自分に害を及ぼした人や過去の体験を許すことができる
    気づき:今この瞬間の幸福に気付ける力

    夢は「叶えた結果幸せになるもの」ではなく「叶えようが叶えまいが持っているだけで幸せになるもの」。
    「人生がうまくいっていないから夢なんて見られない」のではなく「夢を見ていないから人生うまく行かない」

  • 全部で30以上の悩み事について書かれていて、そのうち自分がいま悩んでいることは2つしかなく、いかに自分が恵まれた環境に置かれているかを認識しました。

    環境に安住することなく、精進します。

  • そんなに「学問的」ではない

  • 収穫逓減

  • 【社会人生活で悩むことの半分以上がココにある】
    あるある、という悩みを言語化してくれ、世界の学者はこう分析し、こう解決するのが良いよというペーパーをベースにしている。

    メモ魔的に2点書いてみる。
    ◎心の会計により、より非合理的な選択をしている。
    ◉可視化して全てのお金が大事である(電子マネーもクレカも現金も同一のもの)というリアリティを持つことが重要。
    ★マネーフォワードを1日1回みるようにして、無駄な出費や固定費を抑える。サブスクリプションモデルで課金しているものの一覧をつくる。

    ◎現状維持バイアス、損先維持バイアスに侵されている(心理的)。現金のまま保有するとか。
    ◉インフレしたときに株などの資産を持っていないと、投資していないこと自体がリスクに。
    ★1.07倍で毎年運用する。10年後には100万が200万になる。

    本の中で研究のことを噛み砕いて説明してくれている。改善してほしい点として、そのペーパーをエビデンスとして後ろで参照できるとなお良かった。

  • 母数が多くなればなるほど、生み出す価値の平均値は徐々に薄まっていく(収穫逓減の法則)という考え方はすごく納得させられた。

  • ビジネス
    自己啓発

全135件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年、兵庫県生まれ。統計家。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバードがん研究センター客員研究員を経て、2014年11月に株式会社データビークル創業。自身のノウハウを活かしたデータ分析支援ツール「Data Diver」などの開発・販売と、官民のデータ活用プロジェクト支援に従事。著書に『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)、『1億人のための統計解析』(日経BP社)など。

「2017年 『ベストセラーコード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている (マイナビ新書)のその他の作品

西内啓の作品

サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている (マイナビ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする