よくわかるHTML5+CSS3の教科書

著者 :
  • マイナビ
3.80
  • (6)
  • (16)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 211
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839943486

作品紹介・あらすじ

HTML5、CSS3で新しくなった部分だけでなく、「これからのWeb制作」に必要なHTML+CSSの知識を総合的に解説。基礎の基礎から学べる、今からWebを始める人にとっても最適な1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • HTML5で新たに出てきた要素か否かも随時紹介していて、従来から馴染みのある人にとってはわかりやすかったと思う。
    HTMLとは、というレベルから始める人には少し難しいような内容だった気がするが、辞書的に使っていこうとする人にとってはそれなりに使いやすい気がする。

  • よくわかるかはわからないけれど、入門書としてはよく出来ていると思った本。

    これをきっかけに自分に必要なところを調べていくといいと感じました。
    (以上、ブログ全文です。)

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4292527.html

  • 図書館HP→電子ブックを読む 
    Maruzen eBook Library から利用

    【リンク先】
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006289

  • 分かりやすいが初学者には厳しいかも。もう少し演習があれば。。。

  • HTML5、CSS3で新しくなった部分だけでなく、「これからのWeb制作」に必要なHTML+CSSの知識を総合的に解説。
    基礎の基礎から学べる、今からWebを始める人にとっても最適な1冊。

    分かりやすい。
    HTML5とCSS3の基本的な内容が書かれています。

    HTMLやCSSに触れた事が無い人がどう感じるのかは分からないけれど、
    基本的な書き方が身につくのではないかと思う。

    鉛筆の持ち方を教わっても上手な文章が書けるようになるわけでは無いし、
    筆の持ち方を教わっても綺麗に絵が描けるわけでもない。

    web制作もきっと同じなのだと思う。
    ただどんな事が出来るのかは最低限知っておきたい。
    この一冊から派生していけばいいのではないかと思う。

  • スクールの授業で使用した本。
    優しい想定で好印象な上に、初心者にはとても解りやすい本。
    個人には、表紙のドット具合、チャプターの始まりのページが好きだった。
    ただ、巻末の索引が分かりづらいのが難点。
    通して読むと、初心者に親切な本だとよく分かると思う。
    思い出の一冊になりそうです。

  • 和図書 547.48/O19
    資料ID 2012102814

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1級ウェブデザイン技能士。、ウェブコンテンツJIS(JIS X 8341-3)ワーキング・グループ主査(多忙のため途中辞退)、情報通信アクセス協議会・ウェブアクセシビリティ作業部会委員、ウェブデザイン技能検定特別委員、技能五輪全国大会ウェブデザイン職種競技委員などを務める。現在は、Webデザインに関連する書籍の執筆、全国各地での講演・セミナー講師。

「2020年 『今すぐ使えるかんたんEx HTML&CSS 逆引き事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大藤幹の作品

よくわかるHTML5+CSS3の教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする
×