棋士が数学者になる時 千駄ヶ谷市場3

著者 :
  • マイナビ
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839944773

作品紹介・あらすじ

棋士たちの執念渦巻く対局室を愛情豊かに描いた「千駄ヶ谷市場」シリーズ最終巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これから読みます

  • 1

  • 将棋界屈指のコラムニスト、先崎学の千駄ヶ谷シリーズ最終巻である。


    今作はコラムと言うより棋書であった。盤面図が多く、私は不満足であったが、やはり棋界一の先崎学。要所要所の表現は面白かった。

  • 先崎学八段が将棋世界2008年2~8月号、および2005年6月号に連載していた文章に加筆訂正したもの。

    今回は笑える話や涙が出る話はあまりなく、全体的に読ませる感じ。特に「第3章 悲しい眼」や、第一章の最後、真部先生の将棋を知らないうちに指し継いでいた知った大内延介九段の言葉にぐっとくる。逆にふふっと笑ってしまったのは第66期A級順位戦の丸山―郷田戦の二人の様子。短い文だけれどどれも印象的。

    里見女流初段と熊倉女流一級、豊島将之四段(段位当時)についての文は棋士が棋士をどう評価するのかの一端が窺えて興味深い。また最終章「将棋界を変えた羽生と森内」は名人戦が行われているこの時期に読むと感慨深いものがある。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

先崎 学(せんざき まなぶ)
1970年、青森県生まれの将棋棋士。九段。
エッセイストの側面もあり、多くの雑誌でエッセイ・コラムを持つ。羽海野チカの将棋マンガ『3月のライオン』の監修を務め、単行本にコラムを寄せている。
著書多数。代表作に『フフフの歩』、『先崎学の浮いたり沈んだり』、『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』など。

先崎学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×