重ねる、暮らし

著者 :
  • マイナビ出版
3.65
  • (6)
  • (14)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 126
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839958602

作品紹介・あらすじ

50代をむかえた内田さんの、「日々重ねていく」暮らしの記録。日々の習慣、年齢なりのおしゃれのこと、繰り返しの家事のこと、食事のこと、からだのこと……。
「暮らしがきちんとしていれば、前に進める」と語る内田さんが、今大切にしていることを、写真と文章で綴ります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内田彩乃さんの本。
    50代になって、生活が変化してきたとか。
    確かに過去の書籍から変わっているところがちらほら。
    相変わらず穏やかで丁寧な暮らしをされてます。ただ、より暮らしに寄り添った道具遣いになってます。

    旦那さんのことを語るのは今まであまりなかったような?

  • これまで、この著者が嫌いだった。なんだか鼻持ちならない感じ。でも、自分が年とって、夫婦二人の生活を積み重ねてきた今ふと手にとって読んでみると、印象が違った。自分に似ているから嫌いだったのかな。生活の中で、「お茶」の時間を私も取り入れたいと思った。他の本も読んでみよう。

  • 丁寧な暮らしっていいな、って心の底から思える本です。
    ミニマリストみたいに物が少ないわけではないけれど、
    素敵なものが程よくある。
    元気がなくなった時は「がんばろう!」と思うことさえしんどかったりするけれど、
    この本は「よし、ちゃんとしよう」と背中を押してくれます。

  • 丁寧すぎる暮らしで真似は出来ないんだけど、もう少し丁寧に過ごしてみようか、という気持ちになった。
    昔の内田さんより肩の力が抜けてて、今の方が私は好きだなー。

  • 著者は稲田朋美さんみたいな感じ。年を重ねても女の子が残っているような…。

    この手の本にしては読み応えあり。
    以下参考になった部分。

    ・とりあえずの引き出しを作る
    出ているものはすぐに片付けなきゃ!というストイックな生活に少しイライラすることもあったので、これはいいかも。

    ・ナッツの蜂蜜付け
    しばらく作っていなかったけど、また作ってみよう。トースターでローストしてからだと美味しそう。

    ・ちゃんと出汁をとる
    今年こそは…!

    ・九州の甘醤油が食べたい
    お餅につけるの良さそう。

    ・脚付きのお皿が欲しい
    おひたしやお漬物など…。

    ・家族が揃ってご飯を食べられないときの夕飯はお弁当にする
    面白い発想。

    ・ヘンリーヘンリーのレインシューズ

  • 丁寧すぎる専業主婦の暮らしぶり
    今回クリム猫さまはあまり出てこない

  • ・・・以前より・・・(ごにょごにょ・・・いや、ワタシの趣味が変わってしまったようで、以前のほうが参考になりました。

  • 写真と文章のバランスがほどよく、めっちゃ読みやすい。こじんまりした住まいもいいものだなー。

  • 私と同年代の趣向だったので、同感する部分が多々あった。

  • 内田氏の著作の中でもご本人の生活について具体的に述べられた本ではないでしょうか。暮らしの中で一つ一つの物事と向き合う著者の姿が浮かんできました。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県に夫と愛猫クリムと暮らす。丁寧な暮らしぶり、センスある着こなしが雑誌などで人気を集める。著書に『季節の暮らしと服支度』(主婦と生活社刊)、『暮らしのつなぎ方』(宝島社刊)などがある。

「2018年 『いとおしむ暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

重ねる、暮らしのその他の作品

重ねる、暮らし Kindle版 重ねる、暮らし 内田彩仍

内田彩仍の作品

重ねる、暮らしを本棚に登録しているひと

ツイートする