浄天眼謎とき異聞録 下 ~明治つれづれ推理(ミステリー)~ (マイナビ出版ファン文庫)

著者 :
  • マイナビ出版
4.18
  • (6)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839961459

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 物語の持つレトロな雰囲気や人間関係など面白かった。一番厄介な事件と思われる『辻の桐生』の件が片付いた後、軽めの短編でホッと一息ついた後の由之助がらみの事件でまた切なくなった。表面に見える事や言葉だけでは計り知れない人の心。それが分かってしまう能力は辛いだろうけど、こんな風に人を救えるのは天から授かった役目なのだろうか。

  •  2017-05-27

  • 謎解きレトロ浪漫ミステリー、シリーズ第2巻。
    「祈りの笹子(二)」「手帛(ハンケチ)の青い花火」
    「魚の目と燕山の石」「憂いの縁起猫」「鬼の愛」「終話」
    本作も色々と面白かったです。
    勿忘草の別名の話や、縁起猫の話や、鬼の話が
    驚きながらも納得した蘊蓄でした。
    軽くて読みやすい日常の謎というかハプニング系
    続編も出てるみたいなので、後で買いましょ♪

  • 小梅の事件にひやりとして。
    ようやく、イメージ通りの軽い短編かと思ったら。
    燕石が過去から抜け出すべく動き。
    そして、由之助家族の秘密へと。

    かなり、複雑な人間関係。
    人の暗くて嫌な部分が語られるので、どんよりとした気持ちに。
    ただ、最後は前向きに明るく終えてホッとした。
    燕柳館の翠子、栄吉コンビが楽しい。
    トミーとタペンスみたい。
    二人の話が読みたいかも。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

鳥取県在住。「読む、書く、縫う、編む」が好きな根っからのインドア派。2016年9月に「第2回お仕事小説コン」でグランプリを受賞し、小社より上下巻として刊行。美雨季名義の著書に『吉原ラメント』(アルファポリス刊)、『先生と少女騒動』(KADOKAWA刊)がある。

「2018年 『浄天眼謎とき異聞録 ~双子真珠と麗人の髪飾り~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一色美雨季の作品

ツイートする
×