こんこん、いなり不動産 (マイナビ出版ファン文庫)

著者 :
  • マイナビ出版
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839961480

作品紹介・あらすじ

「お風呂が、うんと汚いお部屋をお願いします」
やって来るお客さんの要望はメチャクチャで…!?

不動産屋に入社して3年目の亜子は、先輩からの嫌がらせに耐えられず落ち込んでいた。そこへ見知らぬキツネ顔の男、『井成不動産』の社長・井成幸吉が声をかけてくる。やがて稲荷神社の近くの店で亜子は働き始めるが、一風変わった客ばかりやってきて―。ペット可の物件を求める人面犬や、古民家リノベに奮闘するシェアハウス仲間の雪女&のっぺらぼう&ろくろ首トリオなどが望む物件は…? こっそり妖(あやかし)が共存する町の、ふしぎな不動産屋ストーリー! 『第2回お仕事小説コン』特別賞受賞作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 亜子ちゃんがほんと順応性が高いというか。こんなかんじの小説ばかり読んでるから、導入部分は「どのパターンで受け入れるのか」という気持ちで読んじゃうけど。ほぼ驚きのリアクションなし。深く考えないタイプなのか、社長に関しては何も気づいていないようだし。これはこれでおもしろい。

  • 三部作の第一弾。人間の黒さが浄化されるような優しいお話です。

  • OL・亜子が、先輩からの嫌がらせに耐えられず落ち込んでいると、見知らぬキツネ顔の男、『井成不動産』の社長・井成幸吉に声をかけられる。ご縁に導かれ、下町の稲荷神社近くの店で働き始めるが、ペット可の物件を求める人面犬や古民家リノベに奮闘するシェアハウス仲間の雪女達、はたまた“出る”物件を探す人間など、一風変わった客達からの要望はメチャクチャで!?「第2回お仕事小説コン」特別賞受賞作!(e-honより)

  • 妖怪に物件を紹介したりと発想は面白いけど内容が浅くて途中で飽きてしまった。社長の正体が謎めいているままに終わってしまったのも、もやもや感大。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

■著者
猫屋ちゃき
乙女系小説とライト文芸を中心に活動中。2016年9月に『こんこん、いなり不動産』が「第2回お仕事小説コン」で特別賞を受賞し、2017年4月に書籍化デビュー。著書に『扉の向こうはあやかし飯屋』(アルファポリス)などがある。

「2020年 『拝み屋つづら怪奇録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫屋ちゃきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×