先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)

  • マイナビ出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839963750

作品紹介・あらすじ

先崎学・中村太地が20世紀の名勝負を語り尽くす!
将棋史に残る名局を紹介、解説した本は数あれど、それだけで対局者の深い読みや心情まで読み取るのは難しいものです。

そこで、プロ棋士2人にその名局を肴に自由に語り合ってもらったらどうか、というのが本書の出発点です。

その場合、2人のプロ棋士は実力はもちろん、対局者の機微を言葉で伝えられる方で、なおかつ互いに心を開いて話し合える間柄でなくてはいけません。

そこで生まれたのが本書「先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編」です。

テーマとして語れるのは以下の13局です。

第1局 木村義雄名人VS大山康晴八段
第2局 大山康晴名人VS加藤一二三八段
第3局 升田幸三九段VS大山康晴名人
第4局 中原誠十段VS大山康晴永世王将
第5局 中原誠名人VS大山康晴十段
第6局 森けい二七段VS内藤國雄九段
第7局 米長邦雄棋王VS中原誠王位
第8局 米長邦雄棋王VS大山康晴王将
第9局 真部一男七段VS佐藤大五郎八段
第10局 大山康晴十五世名人VS米長邦雄二冠
第11局 大内延介九段VS森けい二王位
第12局 先崎学五段VS村山聖五段
第13局 羽生善治名人VS谷川浩司竜王

それぞれ将棋史に残る名勝負であるるとともに、将棋の内容も面白いものばかり。これらを題材にお二人に語っていただくことで棋士の対局時の心情や読み筋、大局観に触れることができます。

楽しく名局観賞しながら棋力アップにも全将棋ファンにオススメの一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【簡易目次】
    第1局 27歳の大山を退ける、木村義雄の底力
        木村義雄名人VS大山康晴八段

    第2局 「神武以来の天才」加藤一二三の挫折
        大山康晴名人VS加藤一二三八段

    第3局 詰みを指摘した記録係、高校生三段の米長
        升田幸三九段VS大山康晴名人

    第4局 無冠の50歳大山、中原にリターンマッチを挑む
        中原誠十段VS大山康晴永世王将

    第5局 シリーズ最終局を制した、名人の手渡し
        中原誠名人VS大山康晴十段

    第6局 深夜の「終盤の魔術師」森けい二
        森けい二七段VS内藤國雄九段

    第7局 「泥沼流」米長の逆転術
        米長邦雄棋王VS中原誠王位

    第8局 大山VS米長のダブルタイトル戦
        米長邦雄棋王VS大山康晴王将

    第9局 奇跡的な大トン死
        真部一男七段VS佐藤大五郎八段

    第10局 がん明けの63歳大山、執念の名人挑戦
        大山康晴十五世名人VS米長邦雄二冠

    第11局 「怒涛流」大内の勝負手
        大内延介九段VS森けい二王位

    第12局 新鋭、先崎と村山聖の決勝戦
        先崎学五段VS村山聖五段

    第13局 谷川と羽生の永世名人レース
        羽生善治名人VS谷川浩司竜王

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

先崎 学(せんざき まなぶ)
1970年、青森県生まれの将棋棋士。九段。
エッセイストの側面もあり、多くの雑誌でエッセイ・コラムを持つ。羽海野チカの将棋マンガ『3月のライオン』の監修を務め、単行本にコラムを寄せている。
著書多数。代表作に『フフフの歩』、『先崎学の浮いたり沈んだり』、『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』など。

先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)のその他の作品

先崎学の作品

先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする