こんこん、いなり不動産 ~同居人はあやかしでもいいですか?~ (マイナビ出版ファン文庫)

著者 :
  • マイナビ出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839967864

作品紹介・あらすじ

人間だけではなくあやかしの相談も受け付けている、不思議な不動産屋『井成不動産』に勤めている亜子。
社長の幸吉と付き合い始めて幸せな亜子のもとに漫画家押井アンニのアシスタントの西宮が訪れ――?
こっそり人とあやかしが共存する町の、不動産屋ストーリー第3弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 亜子ちゃんと幸吉の恋愛模様は、キュンキュンする要素はほぼなく、ひとつの人間関係としてってかんじだなぁ。シェアハウス素敵。イタチたちと住んでみたい。

  • 三部作の第三弾。主人公の恋愛事情に変化が訪れるものの、気付くにあたっての脈略が少し足りない気がしました。

  • 1~3まで一気読み。亜子が妖怪の存在をするっと受け入れていたり、ちょっと説明不足だなと思う部分もありますが、仕事を頑張る亜子と見守る社長のバランスが良かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

■著者
猫屋ちゃき
乙女系小説とライト文芸を中心に活動中。2016年9月に『こんこん、いなり不動産』が「第2回お仕事小説コン」で特別賞を受賞し、2017年4月に書籍化デビュー。著書に『扉の向こうはあやかし飯屋』(アルファポリス)などがある。

「2020年 『拝み屋つづら怪奇録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫屋ちゃきの作品

ツイートする
×