ご試食はいかがですか? ~店頭販売は伊達じゃない~ (マイナビ出版ファン文庫)

  • マイナビ出版
3.56
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839970635

作品紹介・あらすじ

『GKコーポレーション』で契約社員の試食販売員として働いている一色緑子。
働き始めて数ヶ月、試食販売員としての仕事に魅力を見つけられないまま、店頭に立っていた。
そんなある日、母親の目を盗み小さな女の子がパンをつまみ食をしてしまう。
しばらくすると、その女の子がお菓子売り場で目や耳、頬を赤くし、泣き始めてしまった。
緑子は、自分の出る幕ではないと思いその場を離れようとすると、一人の男性が女の子に駆け寄り、アレルギー反応じゃないかと指摘する。
試食販売員の緑子と羽田がスーパーやデパートなど出向く先で遭遇するさまざまな事件を解決していく!!

「第3回お仕事小説コン」優秀賞受賞作の
『白黒パレード~ようこそ、テーマパークの裏側へ~』の著者が描く、
試食販売員が奮闘するお仕事小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マネキンよりも栄養学(特にスポーツ関連)にフォーカスされていて、期待していた感じと違った。また主人公の新人らしさを出すためか、聞き齧ったことをドヤ顔で語っちゃう感じや、仕事中に恋に夢中になっちゃう感じがちょっと受け入れ難い。

  • 試食販売員として働く緑子の周りで起きる小さな事件。その「事件」を小さな手がかりから解決していく羽田がすごかった。ちゃんと必要な知識を持っているから解決できたんだろう。と思う。「食」は重要だよな。らと実感できる話だった。今後、緑子と羽田の関係がどう変わっていくのか気になる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

本作で『第3回お仕事小説コン』優秀賞を受賞しデビュー。「しゅ、取材だから!」と自分に言い聞かせて、一人でテーマパークに入る勇気を振り絞っているとか、いないとか。
公式Twitter : @lamine_mukae

「2018年 『白黒パレード ~ようこそ、テーマパークの裏側へ!~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

迎ラミンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×