旅先であった泣ける話 ~そこで向き合う本当の自分 (ファン文庫Tears)

  • マイナビ出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839974343

作品紹介・あらすじ

あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?

本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。
収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける短編が12編。そこには、あなたの好みのストーリーがきっと見つかります。
本書では「旅先」にまつわる、出会いや別れのエピソードを掲載しました。

【掲載エピソードの一部】
「いつか行く場所へ」
高速バスターミナルのベンチに座る武敏。恋人の美菜と一緒に来るはずだった。

「菩提樹の下で」
インドで、少年にバッグをひったくられそうになる聖也。紳士に日本語で話しかけられ…。

「はじまりの日」
日が沈んだ頃、ホテルを出て海岸を散歩している。深呼吸をして、海の香りを吸い込んだ。

「遠くへ行きたい」
いつも通りに出社するため、電車に乗る。しかし前日、上司に叱られたことを思い出し…。

「出戻り温泉」
帰省先の実家から東京の自宅へと戻る途中、「出戻り温泉」という看板につられて途中下車。

【執筆陣】
ふるさとは遠い緑/朝来みゆか
二人の起点/朝比奈歩
遠くへ行きたい/浅海ユウ
いつか行く場所へ/一色美雨季
鳥の夢/霜月りつ
はじまりの日/杉背よい
冬の旅/鳴海澪
宝石を拾う旅にする/猫屋ちゃき
菩提樹の下で/溝口智子
出戻り温泉/南潔
推してくれたら/迎ラミン
旅するカエルと願いごと/矢凪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 12話からなる。
    最初の話は、星野雅哉という主人公が、パラハラの上司がいる会社を無断欠勤して、列車で、遠くへ行くところから話が、始まっているのだが、・・・
    何とも、ペンションのオーナーの安西氏も同様で、3年間も妻子をほっとらかししていたのだ。
    男性のご都合主義的、観念で、最後は、めでたしめでたしの状態であるが、そんな忍耐強い女性が、存在するのか?と、思ってしまった。
    島育ちのおばあちゃんの話。
    性格の反対な幼友達の成長記録。・・・・

    最後まで、アッという間に読むことは出来たけど、旅先のアンソロジーで、泣ける話は、一つも無かったのが、残念であった。

全1件中 1 - 1件を表示

朝来みゆかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
砥上 裕將
凪良 ゆう
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

旅先であった泣ける話 ~そこで向き合う本当の自分 (ファン文庫Tears)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×