新耳袋―現代百物語〈第六夜〉

  • メディアファクトリー
3.63
  • (13)
  • (9)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840102902

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読。

    今回も極上の不思議体験を堪能。
    「居にまつわる話」も有名どころで実に興味深い。
    世の中には説明のつかないことがあるもんなんだなぁ。

    手持ちの新耳袋が尽きたので怪談読書大会も打ち止め。
    全部揃えたくなってしまいました。

  • 逆読み再読第六夜です。何と言っても一反木綿が…最後の章は前回読んだときに物凄く怖かったので再読無しです。

  • 図書館から小学生の頃に1~8巻くらいまで借りたんだけど、この巻だけなくなってしまって未だに見つからない。

  • うほほほ。最後の章がやばかった…。
    ええ話が多かったような気がします。

  • 一夏かけて寝る前にこのシリーズを楽しみました。
    恐怖!というより、仄かにひんやりするお話で良かったです。

  • 2009.5.2〜5.3。

  • 【目次】第一章 守にまつわる十二の話
    乳母車/置き石/庭のブランコ/改名/傷/風呂耳袋/わらび餅/夫婦/マリア様/敷居の神様/本堂の灯/櫛
    第二章来にまつわる十六の話来客/訪問客/ドアの前/無事やったか?/行くで/ドライブその一/ドライブその二/捜し物/斜めの男/石碑/弟の命日/電車ごっこ/妹の部屋/靴隠し/黒いマント
    第三章 音にまつわる七つの話
    笑わないで/クレーム/鑑賞/形見/踏切/松風/資生堂パーラー
    第四章話にまつわる四つの話おばあさんの声/脇腹の傷/もしもし/約束
    第五章 現にまつわる十六の話
    塩/ゴム鞠/絵の具棚/残業/隣の男/親父の車/仏間の人/うしろを向かないで/バスルーム/三角の家/瘤/こたつその一・こたつその二/見張り番/さちこおばさん/滝の絵
    第六章 視にまつわる十一の話
    形相/窓の灯/無縁/湖面/墓石/部屋替えその一/部屋替えその二/おんぶ/気休め/わしも見た/ビニールテープ
    第七章 異にまつわる四つの話
    終電/柿の木/順番/縁の下
    第八章 妖にまつわる九つの話
    キュウリ/凧の足/灰色の玉/狐越え/狐風呂/りんご園/かぶそ/汗/魚湧き
    第九章 居にまつわる二十の話
    発端/警告/人が寄る場所/男だけに見えるもの/赤い三輪車/夜中のロケ/エレベーター/あそぼう/名前/通行人/もうひとりの住人/不動明王/落下/ズルッズルッ/身の上話/ビデオ/引っ越して……/うかつ 後日譚 その一/それぞれの帰宅 後日譚 その二/携帯電話 後日譚 その三
     あとがき

  • 怖いというより、厭。
    理解できないことってとても厭。

  • 新耳袋六夜目〜

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

きはら・ひろかつ 1960年生まれ。主な著作に「新耳袋」「隣之怪」「九十九怪談」の各シリーズがある。マンガ・ドラマCDの原作の他、出版、ゲーム、公式携帯サイト「怪談百物語新耳袋」等のプロデュースを手掛ける。

「2019年 『九十九怪談 第十夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原浩勝の作品

ツイートする
×