笛吹伝説―パイド・パイパー (MF文庫―最終戦争シリーズ)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840103640

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笛吹伝説については徳間書店の表紙の絵にぞっこんラブです。謎の指名手配美少女を時空を超えて追いかける、坊ちゃん育ちの時空警察イケメンという設定も好き。

  • 山田ミネコは好きな漫画家がアシスタントをしていた……というところから入ったんですが、話のスケールの壮大さとメロドラマな展開にはまってしまった。やっぱり昔の『西の22』とか『自我系の暗黒巡る銀の魚』とかが秀逸だなと思っている。パトロールシリーズは最後のほうが主人公が食われきっていて切ないのですが、エピソード『笛吹伝説』はすごい。小角とセラフィムを巡る一連のシリーズはタイムトラベル・ロマンスものの傑作だと思う。SFでハメルンのいろいろな解釈があるけれど、その中でもこの話がもっともロマンチックだと思う。……そんな小角が、最後にセラフィムが迎えに来てくれたときに拒否してしまうのが本当に腹が立つ……! 永遠の恋人でいてほしかったよ……。

  • 最終戦争シリーズ
    お気楽パトロール時代の小角は大好き。
    パイド・パイパーはもっと話を膨らませて欲しかったなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

山田ミネコの作品

ツイートする