考えることで楽になろう

  • メディアファクトリー
3.56
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840107341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館でたまたま目にして、気になって読んだ1冊。筆者の体験した9つの事例をもとに、筆者の考え方と、「考え方のプロ」である西研との考え方が書かれている1冊。

    <感想>
    普段の生活の中で、自分の思考回路がよくない方向に傾いてしまったときに読むといいのかもしれない。いつも考えているときの頭の中のもやもやがどういったものなのかなど、意外と知らないことが多かったので、思考がネガティブな時に読むと、少し楽になるのかもしれないと思った。

  • 自分にためないで、心を伝えること。それがいちばん難しいことなんだけどね。
    2008読了 BOOK OFF¥105

  • 考えれば考えるほどドツボに入る。
    でも、考え方さえ正しければ、
    楽になれることもあるんだな

    ちょっと辛さが残る心も
    いいベクトルに向かってることを信じて。

    みなっちに大共感。うーむ。

  • みんな悩んで大きくなった〜♪
    パラパラとめくったら漫画があったのだが、漫画はほとんどなかった。
    でも、「リングにかけろ!」並みのスピードで読むことがきた

  • 思考トレーニング?哲学入門?
    かわいくて読みやすかった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

漫画家。深い洞察力と独特のギャグセンスで熱狂的なファンをもつ。現在は首が太くてタートルネックが似合わない黒帯企業戦士の男性(←夫らしい)と二人暮らし。おもな著書に、『持病のシャタク』『気やすめ言葉館』(小学館)、『友子の場合』(全3巻・小学館・映画化)、『レンジで5分』『新婚合宿』『考えることで楽になろう(協力=西研)』(メディアファクトリー)などがある。現在、ダ・ヴィンチで「みなっちの失恋反省会」連載中。

・もう一つのプロフィール……
一見、華奢でおとなしそうにみえるが、相手がどんなにエライ人でもずけずけと物を言い、まわりをハラハラさせる。が、その割には嫌われず、むしろ好かれるから不思議。「自画像がかわいすぎないか」の問いに、「ノープロブレム。それが漫画」とのこと。

「2004年 『不美人論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤野美奈子の作品

ツイートする