ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある

著者 :
  • メディアファクトリー
3.85
  • (94)
  • (59)
  • (103)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 613
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840107716

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 偏りカチカチに固まった脳ミソをリセットしたい時に。

    大げさに自分探しの旅とか言って外国にいかなくても
    深く深く自分を見つめ直し考えれば
    答えは出てくる。

    あなたの言う本当の自分ってどんな自分?
    こうなりたい、こうでありたいと望む理想の自分の事?
    じゃあ今のあなたはニセモノなんですか?
    向上心とエゴは紙一重、答えは誰も知らない、わからない、
    自分で悟るしかない。

    色々な事に気づかせてくれる一冊です。

  •  この本は、私が担任をしていた専門学校の学生が教えてくれたものです。ちょっと古いですが,1997年4月6日付けの朝日新聞に載っている記事から転記します。
     ストレスを抱えたビジネスマンやOLたちの間で、マンガ『ブッタとシッタカブッタ』、(作・小泉吉宏)のシリーズが静かなブームになっている。お釈迦様の姿をした「ブッタ」を案内役に、主人公のブタ「シッタカブッタ」が心とは、自分とは、悩みとは、幸せと不幸せとは……といろんなことを考えていく。本の帯に「心の運転マニュアル本」「『心』を語る本」と書かれ、精神科などの病院が待合室にそろえていたり、医師が患者に薦めたりもしている。現在3冊出版されているが、「精神科で売れる漫画なんて初めて」といわれ、続編を期待する声もある。

  • ぐっどうぃる博士のお薦めで読んでみました。
    博士は前にこう言われました。
    「僕は仏教徒ではありませんが、哲学として、禅宗の考えと、原始仏教の考えがとても好きです」
    私もだいたいそんな感じ。ぐっどうぃる博士を知る前から。

    この本の内容は仏教的な考えを簡単に4コマ漫画にしたもの、だと思います。
    出版して10年後に装いをあらたにして、男の人でも買いやすいようにしたそうです。

    悩んでいる人、落ち込んでいる人にぜひ読んでほしいです。
    自分もかつて心が弱っていたときに仏教的な考えに救われました。

  • 昔読んだのを読み返してみました。自分で気づくように促す構成になっていますが…誘導の仕方が鼻につくと言うか…素直に読めませんでした。

  • 母校の先輩が書かれた本です。私はこの本に救われました。高校生のとき学校に行くのがつらくて、個室で勉強していいよと言われたとき、その部屋にあったのがこの本でした。

  • なかなかよい。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA62817567

  • 子どもの頃に読んでいたら、
    感銘を受けていたかもしれない

  • 思うようにいかないことも自分の考え方次第。悩めるブタが「人に認められないと、どうして苦しいのだろう?」と考えながら自分を発見していくマンガ集。

  • なんだか懐かしいわぁ。大昔、友人に教えてもらった本。当時、随分感動したものだけど、今読んでもなおいいね。
    もちろん人生経験を経て、また読後感違うけれども。

全90件中 1 - 10件を表示

小泉吉宏の作品

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにあるを本棚に登録しているひと

ツイートする