ブッタとシッタカブッタ〈2〉そのまんまでいいよ

著者 :
  • メディアファクトリー
3.98
  • (72)
  • (38)
  • (71)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 385
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840107723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一巻をだしたときに「続編をだしてほしい」というお便りがたくさんとどいたので、今回はたくさんの悩めるブタを登場させて、読者が『あるVISION』を見つけられたらと、描いてくださいました。

    「自分」と「心」を見つめてみます。

    「ひとりでも楽しめる。ひとりを楽しむ。」

    「泣くだけ泣いて泣きやんだら歩きはじめる。」

    「不安な時って
    意識の焦点がつい
    不安なことひとつに しぼられがちになる
    意識の焦点がひとつにしぼられると
    そこばかり気になって
    どんどん苦しくなっていく

    意識の焦点をしぼらないで
    意識を頭の中から外へ
    世界や宇宙
    人生全体へと広げていくと
    心はおだやかになっていく

    意識を広げてものを見ること
    それは『そのまんま』を見ること」

    「そのまんまを知って前進するのみ」

    「そのまんま」については、
    やはりこの本を実際に読んで、知ってほしいです。

  • 三葛館一般 159||KO||2

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=28061

  • 自在 

    重き

  • 立派に見られたい、失敗したくない、賢く見られたい、人の希望に合わせたい、そうやって自分を縛って苦しめているのは自分かもしれない。前作と似ていますが、今回はより「自分とはなにか」に焦点が。
    仮面をかぶらなくても、相手に合わせなくても、肩書に縛られなくてもいいよ、自分そのまんまでいいよ。
    でもそのまんまの自分っていつなのか…。
    心って不思議。

  • 「心」ってなんだろう。

    なんで、自分を大切にしたいという思いが自分を悩ませるのだろう。

    心って、どこにもない。
    波のようなもの。
    ふしぎだ。

    「自分」って何だろう。

    自分の属しているものとか持っているものや姿で「自分」というものをつい測ってしまうけれども本当かな。


    自分の心の怒りや悲しみは我慢していてもいけないし、それに振り回されてもいけない。


    ブッダの見つけた「もののみかた」がやさしく、「ブッタ」とシッタカブッタの悩みを通してほっこりする絵柄のまんがで示されていきます。

    ・すべてのものは移り変わる
    ・すべてのものはひとりで存在しない
    ・人生は人の意志をこえている
    ・欲にくらまさなければ心はおちつく

    シッタカブッタたちは、修行じゃなくて、「見方」を切り替えていくことで「そのまんまでいいよ」ということに気がつきます。

    「考えさせる」というか、「考えるのをやめさせてくれる」本だと思います。

    なにか、禅の公案にでも使えそうな問いかけばっかりです。

    「人生ってそんなもんだな」って受け入れることができて、心が楽になりました。
    そして、またここからがスタート。

  • お仕事現場から

    この「ブッタとシッタカブッタ 2巻」が本来あるはずの場所に
    ありませんでした。
    で、今日、違う場所から出てきました。

    昼休みに読みに来ている子が違う場所に置いているのでしょう。

    時々、こういうことがあります。

    借りるまでもなく、か、昼休み用に置いときたくて、か
    わかりませんが
    自分だけが読みたくて、半分隠すように置いてあります。

    で、司書の私は
    この本を本来あるべき場所でなく
    その子が置いてある場所にまた置きに行きます。
     (このブクログを書き終えた後)
    リクエストがあればそっと差し出しますが
    そうでなければ
    今、昼休みに読みに来ている子の置いてある場所が
    その子が読み終わるまでの
    この本の居場所のような気がしますから。

    挟んである栞からいくと、読み終わるまでもう少し。。。
    私が許せる範囲の、可愛い、悪いことです。

  • ブッタとシッタカブッタシリーズ第二巻。シリーズ全般を通じて「そのまんま」であること、「そのまんま」を見つめることを強調している。
    疲れているときに読むと、ふっと笑いがこぼれてまた元気になれる。頭の中に残る内容なのに読んでいて疲れない。今度また読み返したい。

  • 漫画なのにこれほどちゃんとした内容とは!
    ハっとさせられました。
    とてもわかり易いです。

  • 四コマ漫画です。素晴らしい内容です。

  • そのまんま、を観る。
    ただただ観る。
    ものごとを永遠ではなく、ただ移りゆくものとして観る。
    それが無常観。

    そのまんま、でいい。
    答えを急がない。
    何かすることも、何かしないことも、人生そのまんまがあるだけ。それを受け入れること。
    でも、そのまんまを言い訳にはしない。

全40件中 1 - 10件を表示

ブッタとシッタカブッタ〈2〉そのまんまでいいよのその他の作品

小泉吉宏の作品

ブッタとシッタカブッタ〈2〉そのまんまでいいよを本棚に登録しているひと

ツイートする