君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 575
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840110556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 川上弘美があったから買った。収録作「カツカツ」三十七人の著者のエッセイor短編。以下、印象に残ったもの。*『What if』 鷺沢 萌 「遠くてよくわかんない」よく分かる 「○」*『教えない』 藤沢 周 「○」*『モーニング・コール』 田口ランディ*『今から寝るよ』 藤田宜永 ◎良いメール。こうありたい。*『小生、感激』 乙一大槻ケンヂはパニック障害になってたらしい。どうりでしばらく見なかったと思った。彼の『くるぐる使い』は昔読んだが、さて、どんな話だったか。エッセイの方が面白そうに思う。川上弘美 乙一 角田光代 有栖川有栖 江國香織 重松清 山本文緒 田口ランディ 石田衣良 藤田宜永 鷺沢萠 他。そうそうたるメンツではある。

  • 気軽に、好きなところから、好きなところだけ読める短編集って敷居が低いっていうか、手にとってみたくなるけど、これは内容的にも好みの感じ。

    ふと読み返したくなる時がきっとあるだろうな、(今回は図書館で借りたけど)手元にあってもいいな、って思う本。

  • コミュニケーションをテーマにした三十七の著名作家による超短編アンソロジー。小説ありエッセイありで、「白紙」「朝日が向かっています」などの作品はもっと書きこまれたものを読んでみたいと思った。逆に短さが良い味になっていたのが藤沢周「教えない」。
    ラストを飾る乙一はこの短さでも抜群の存在感を誇っている。
    死の手段を考えている最中に届く、ぶどうパン感激のメール。
    “パソコンケーブルの向こう側にこんなアホな人がいるというのに死ねるわけがなかった”
    勿論字面通りに呆れはあったのだろう。しかしこの時作者に響いた衝撃の正体は、文字の向こうに予測のつかない感情と行動を持つ生きた人間がいるという実感だったのだと思う。殆ど死の世界に引っ張られていた作者の中に、パソコンケーブルを通じて“生者”が侵食してくる。その仮想と生身の交錯が、一見呑気とも見えるこの一文にのせられているのが良い。侵食は必ずしも苦痛ではないのだ。
    また大林宜彦「賢者の自由」に見られる老父の言葉も印象的。
    “自由を不自由に使ってこそ人間”
    作中では主に表現の自由をさして使われている。ネットの普及に伴い、肥大した自由を振りかざしての書きこみが激増している今、誰しもに必要な言葉だと思う。
    最低限の制約を以て贅肉を削いでこそ、自由は美しい。
    (カズハ)

  • ひとは歩くのをやめない。話すのをやめない。伝えたい気持ちをあきらめられない。それは、とても素敵なことだ。
    「また、やりましょうね」

  •  三十七人の新進作家達によるショートストーリーまたはエッセイを集めた「短篇集」。競作テーマは「 コミュニケーション、伝えたい思い 」。 
     三十七篇を通読すると、短編の多くが、売れずに苦労していた頃の思い出や、大切にしてきた記憶がモチーフであった。その為、若き作家達の夜明け前の青春群像という趣もある。ほのかにあったかい読後感を得られた。
     気軽にすらすら読める本。 

  • 透き通った世界の中に、時折温度と臭いを感じるエッセイ集。
    コミュニケーションをテーマに書いてある37話。
    心がポッとあったかくなる一冊。

  • さまざまな有名作家が、心に残っているエピソードなどを
    書いていて、小説をよむより、
    その作家さんの雰囲気がでていて面白かったです。

  • 37人の作家などの人たちが「コミュニケーション」をテーマに書いたエッセイやショート・ストーリー。
    江國香織、夢枕獏、角田光代、松尾スズキ、谷村志穂・・・・。そうそうたる面々です。

    数ページの文章に、筆者自らが撮ったのかも、と思われるモノクロの写真と、文章にまつわる自筆のひと言が添えられています。

    他の本たちがならぶ本棚とは別に、すぐに手の届くところにぽんと置いて、うっすらほこりをまとったころに手にとって、気まぐれにひろい読みしたくなる文庫本です。

  • 「コミュニケーション」をテーマに、いろんな作家さんの作品が楽しめる。一作品6ページという超短編だが、その短さに物語がぎゅっと詰まっていて感心する。

    中でも印象に残っているのが「白紙」。
    年老いた母を心配して兄弟が送ったプレゼント――FAXが伝えた最期の言葉に、不覚にも泣いてしまった。ありきたりな、たった一言。でも、そこに込められた想いが心に響く。

    何度でも読み返したくなる、宝物のような作品。

  • たまに読みたくなるアンソロジー。
    普段読まない作家さんをたくさん読めるからいいですね。

    しかし当たり前ですが短いので読み応えには欠けます。

    「今から寝るよ」「こんな花あらしの午後は」「賢者の自由」が好きでした。

全99件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする