君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840110556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著名な方々のショートエッセイ。贅沢に読めます。

  • 文字数が限られているせいかどの作家さんもコレ!という話しばかりでほんとに面白かった。すぐに元気が出てくる話しばかり。
    ちなみに私はこれをキッカケに大槻ケンヂさんの大ファンになりました。

  • 「コミュニケーション」をテーマにしたエッセイ集。電話、FAX、メールなどそれぞれのつながり方、エピソードが集められています。

    特に気に入ったのは
    大林宣彦「賢者の自由」
    瀬名秀明「一言が伝えられない」
    です。

  • 重松清さんの「朝日が向かっています」が一番気に行った。広島で育った自分としては、東京に引っ越してかなりの年月が経つ今になっても、冬の東京の落日の早さにちょっとした違和感を感じる。

  • 37名もの人気作家さんが書かれたエッセイ集。コミュニケーションを題材にした物語はどこか暖かく、人との繋がりの大切さを感じさせてくれる。アナログからデジタルに変わっても、伝えたいという切実な気持ちは変わらないと、そう思えるものだった。

  • つたえたい君が見つからない!だれか付き合ってくださーい。

  • どのエピソードも心にひびくものがある。

  • ずっと読みたいと思っていました。

    37人の著名人がそれぞれ「伝えること」を語る本。

    それぞれ良いことを言っているのだけれども、あまりにも短すぎて印象に残らなかった、というのが率直な感想です。

    エッセイだけでなく小説もあったりするので、余計にもっと長いものが読みたくなります。

    FAXを使う話に妙に惹かれたのは、今いちばん使わないもので、昔無性に使いたくてたまらなかったからだと思いますが、

    メールや電話ではなく、FAXで思いを伝えるって良いなぁと地味に思いました。

    いちばん覚えているのは、大槻ケンヂさんのお話で、

    自分の悩みごとも、戦争に比べればほんと大したことないなー、ということと

    勇気づけるなら自分の言葉で、ということに

    何だか今更な話だけれども慧眼でした。

  • 松岡佑子さんの「心を燃やす」が特に好きでした。

  • 好きな著者が多く、心に残るフレーズが多かった!
    ちょっと時代背景が古かったのが残念。
    もっと前に読んでおけば良かった作品!

全99件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする