君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840110556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 37人の作家さんによるエッセイ集。
    「日本テレコムと『ダ・ヴィンチ』が「コミュニケーション」をテーマに、
    さまざまな作家の方にエッセイやショートストーリーご執筆の協力をいただき、実現した企画」とのことで、
    そういう背景があるからこそ、電話・FAX・メールを題材にした作品が多い。

    一編一編はかなり短く、そのため文章としてのまとまりがそれぞれ素晴らしい。
    これを読んだら、きっと誰かとつながりたくなる、そんな本でした。

    下の【目次】では省略してしまったので、以下執筆者を羅列いたします。

    鷺沢萠、山本文緒、北方謙三、宮本輝、江國香織
    五木寛之、藤沢周、松岡佑子、田口ランディ、大沢在昌
    森絵都、篠田節子、夢枕獏、角田光代、有栖川有栖
    山川健一、鈴木光司、藤田宜永、村山由佳、北村薫
    小池真理子、松尾スズキ、石田衣良、山本一力、大林宣彦
    川上弘美、大槻ケンヂ、馳星周、高橋源一郎、唯川恵
    石坂啓、鴻上尚史、重松清、谷村志穂、瀬名秀明
    坂東眞砂子、乙一

    実に豪華な執筆者方です☆


    【目次】
    What if…… 鷺沢萠
    試行錯誤はまだまだ続く 山本文緒
    モシ族のもしもし 北方謙三
    バーチャル……? 宮本輝
    そばにいてくれた? 江國香織
    (以下略。見出しは37項目あります)
    『君へ。 つたえたい気持ち三十七話』発刊に際して

  • 短編集で詩や手紙を読む感覚に近く読みやすい。
    それぞれの後に載っている写真や一言、嫌いぢゃない。
    簡単なことばなんだけど、何度も読むうちに違う読み方になったりするから面白い。
    誰かに手紙を書きたくなります。かしこ

  • 37人の作家さんが、それぞれ自分へまたは誰かへの手紙や一言などを記した本です。
    短編なので3分あれば一個ずつよめて、気分転換には最適です。

    それぞれみなさん一度聞いたことがあるような方々なので、
    なんやかんや興味を持てました。

    一世風靡した作家さんもいて、その一世風靡した時の感動の個人的な感情も垣間見えて、割りとうれしくなります。

    私は、田口ランディさんの、気持ち悪かったり怖かったりした話を、気持良い話にしてくださるので好きです。

  • 2004年5月17日購入。
    2004年5月22日読了。

  • 「雪が降って来ました」北村薫 (『1950年のバックトス』に収録)

  • 短い言葉だけど,いろんな言葉を得ることが出来た。

  • 川上弘美の名を発見したせいでつい衝動買い。ところが川上弘美より高橋源一郎の“白紙”にやられた。人の死の最も終わりに接する仕事柄、日頃親子にまつわる死の物語は多数目に耳にしているが、これには泣けた。この本に関しては自らの衝動買いに感謝。

  • この本を買ったのは、

    BOOK・OFFで100円だったし、

    今をときめく人気作家たちがオムニバス形式でショート・ストーリーを書いていて、

    名前は見たことあるけど読んだことない作家が結構いたから、

    気に入る作家がみつかるかな、

    っていう、今後読む本の参考にしたかったからです。



    会社の行き帰りの電車でちょっとずつ読みすすめようと思って、バッグに入れたは良いけれど、
    いざ、地下鉄の車内で本を開いたら、ものすごく恥ずかしくなっちゃって、
    次の日バッグから抜きとりました。


    私みたいな、なんの変哲もないOLが、地下鉄でダヴィンチ編集部編/2004年発刊のこの本を開いてるなんて、

    ダサすぎて考えただけでも顔から火が出る。

    (この本の関係者にめちゃくちゃ失礼な発言なのは承知の上です。お詫び申し上げます。)


    でも、だってそうでしょ。

    もし地下鉄で隣り合った20代前半のOL風の女が一生懸命この本読んでたら、私だったらこう思う↓↓


    ◆今をときめく作家たちがいっぱい→この子、ミーハーなんだな

    ◆オムニバス形式のショート・ストーリー→この子、長い話が読めないんだな

    ◆ダヴィンチ編集部編→大きな字で写真がいっぱい。この子、活字が苦手なんだな

    ◆2004年発刊で105円の値札シール→「今話題の本」って訳でも無さそうだ。じゃあ何故あえてこの子はこのタイミングで?



    完全に私の独断と偏見と、自意識過剰な感想なんだけど、
    誰も私をみてそんなこと思ってないと思うけど、

    こんな自分の姿を晒すことに耐えられず、

    この本は家で読むことにしました。


    次の日のバッグには、名誉挽回、トルストイを入れておきました。

    (形から入るところが、一番かっこ悪い。名誉はちっとも挽回されてない。)



    ∞∞∞∞∞

    さて、

    読んでみて、
    気に入った作家はいるかって言ったら、

    こんなかだったら、

    田口ランディ
    高橋源一郎
    重松清

    が良かったなー。


    エッセイのようで、フィクションのようで、心が暖まる感じの、涙が1個、大きいのが落ちちゃうようなお話だった。

    ショート・ストーリーっていうお題で、こういう話をチョイスができるのはすごいと思う。



    今度、読んでみようかな。

  • (鷺沢萌・山本文緒・北方謙三・宮本輝・江國香織・五木寛之・藤沢周・
    松岡祐子・田口ランディ・大沢在昌・森絵都・篠田節子・夢枕獏・
    角田光代・有栖川有栖・山川健一・鈴木光司・藤田宣永・村山由佳・
    北村薫・小池真理子・松尾スズキ・石田衣良・山本一力・大林宣彦・
    川上弘美・大槻ケンヂ・馳星周・高橋源一郎・唯川恵・石坂啓・
    鴻上尚史・重松清・谷村志穂・瀬名秀明・坂東眞砂子・乙一)

    〝コミュニケーション〟をテーマに37人の作家がエピソードを書いた
    『ダ・ヴィンチ』(雑誌^^)に連載された作品集。

    この本を一言で表すと……〝スペシャル〟!!!
    私の大好きな〝短編集〟かつ、私が好きな作家さんがいっぱい♡♡
    分かる人は分かってくれるハズ!このメンバーは豪華だー!
    小説ではなくて、ほとんどがエッセイなのもいい♡
    それぞれの作家さんが(〝コミュニケーション〟をテーマに)
    自分の体験を書いてくれていて、すごく読みやすかった&楽しめた(o^-^o)
    こういう本がいっぱい出てくれるといいなぁー☆★
    久し振りに『ダ・ヴィンチ』も読みたくなった♪
     
    (2007.05メモ→2010.04ブクログ)

  • 「伝える」ことを題材にした毎月の広告を短編集化。文字数が決まっていたからか、純度の高い、珠玉の物語がいっぱい。さらに全ての短編の中に「決めぜりふ」が入っていて、そのコトバだけでもぐっとと来る。誰かにプレゼントしたいぐらいの最高傑作。瀬名秀明さんの「無数の言葉の中に、大切な一言はきっと宿る」が個人的ベスト!

全99件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする