君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840110556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乙一のが印象に残ってる。

  • 個人的に、森えとさんの停電の話がよかったです。

  • 09.01.26読了

     さらっと、さらーっと読んでしまいました。


      もどかしいと感じるのは、
      無言であることよりずっといい。

        瀬名秀明「一言が伝えられない」


  • 結構豪華な皆さんの、エッセイやショートストーリーが収録されています。著名な作家さんほど、普段の反動からかエッセイを書かれている事が多いのですが、それがなんか良かった。

  • 37話、いろいろあってそれなりですが、重松清さんの「朝日がむかっています」は、★5。好きな作家に肩入れします。

  • ダ・ヴィンチブックスシリーズの一冊。
    フィーリングで出逢う本って、とても大事な気がします。
    「コミュニケーション」をテーマに37人の作家さん達が物語を綴ります。
    豪華な作家陣の作品が一冊で読めるなんて素敵な本です☆
    藤田宜永さんが書いている「今から寝るよ」が個人的にはヒットでした。
    気が付いたた目に涙が溜まっていて、危うく電車の中で泣くところだった(汗)

  • コミュニケーションにまつわる掌編37個。さらりと読めて、すんなり受け取れる。各作家の個性が出ていて面白い。電話でしか感じ取れなかった、嗚咽、息遣い、感情の揺れ。そういうのを経験した直後だったから、余計考えさせられるものがあった。ただ一人に向けて、まっすぐに放たれる感情はいつだってとても鮮やかだ。そのただ一人に選んでもらえるという幸せ。

  • 中古書店で購入。パラパラっと見て、勝手に短編小説集だと思って買ったので、読みはじめてびっくりしました。でも全部実話なのかはよくわかんないので、エッセイと言い切っていいのかも謎。とあたしは思っている。
    田口ランディは昔『コンセント』で挫折したのですけど、もう一度読んでみようと思いました。そして女性だと思っていた。

  • 田口ランディさんのお話と江國さんのお話よかったなあ。田口さん何者!すっごいなあ。

全99件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする