君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840110556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミュニケーションをテーマにしたオムニバス短編集。
    37人の著者が数ページにそれぞれの気持ちを込めている。
    作家だけではなく,大槻ケンヂなどバラエティに富んだ37人,
    それぞれに楽しめた。
    個人的には,藤沢周「教えない」,高橋源一郎「白紙」,
    重松清「朝日が向かっています」などが良かった。

  • 「なんとなく、でもいつまでも心に残る」そういうさりげなく心を揺さぶる話が三十数編おさめられている。繰り返し読んだとしても、自分のいま置かれているそのときどきの状況で、まるで感じる話が違って、それがまた面白い。

  • 小生、乙一を読みたいが為に買った一冊でありますが、全体通してすごく面白かったです。
    作家さんそれぞれの味が出ていて、この人の作品を読んでみたいとか、新たな開拓が出来ました。最近、読む本が偏ってきて、新しい作家さんを開拓したいが、文章があうかどうかわからない。
    そんな時にはこの一冊を参考にしてみるのもいいと思います

  • 乙一目当てだったのだが、どれも良かった。特に森絵都が好き。

  • いろんな作家さんの作品を収録。
    作家さんが豪華。

    それぞれの作品色がよくみてとれる。
    直筆のメッセージとサインが
    あったかい。
    個人的には乙一さんと川上弘美さんがあって、満足。
    乙一さんの「小生」の秘密が明かされて?る。

  • 37人の作家による、文明の利器を用いてのコミュニケーションについて、ショートショート。エッセイが殆どだが創作も入ってた。有栖川だの北村薫、鴻上に松尾スズキと面白いメンバーがそろってる。ダ・ヴィンチは良い雑誌だなぁ。買ったことないけど。短い中に、時々うっとくる話がある。ハリポタの訳者、松岡佑子の「心を燃やす」はよかった。既にあとがきで読んだことのあるような内容ではあったが。

  • 短い文章でも心にのこるものがある。個人的意見だけど37話全部がいいって思わなくても好きなのを何個か発見できたらそれでいいんとちゃう??

  • コミュニケーションをテーマに人気作家が想いを綴ったエッセイ集。直筆のメッセージとサインが収録されており、なんだかあたたかさが伝わってきます。

  • 松尾スズキのエッセイが載ってるよ、と友人が貸してくれました。
    コミュニケーションをテーマに37人の作家がエッセイやショートストーリーを書いています。
    コミュニケーションについて学んできた者としては、その大事さや難しさを理解しているつもりでしたが、37話のコミュニケーションを読んでさらに強く意識しました。
    ほんと言葉って大事。
    伝えることって難しくてめんどくさくて時間がかかることだけど、人は一人では生きていけないのですよね。
    いろんな人と会って話してみたい、と思いました。

  • 「ダ・ヴィンチ」に連載されたマンスリー・エッセイをまとめたもの。三十七人のエッセイ、ショート・ストーリー。一篇はとても短いので、ポケットに入れて持ち歩き、ちょっとした合間に読むにはピッタリな文庫だ。

全99件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする