君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840110556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 川上弘美があったから買った。収録作「カツカツ」三十七人の著者のエッセイor短編。以下、印象に残ったもの。*『What if』 鷺沢 萌 「遠くてよくわかんない」よく分かる 「○」*『教えない』 藤沢 周 「○」*『モーニング・コール』 田口ランディ*『今から寝るよ』 藤田宜永 ◎良いメール。こうありたい。*『小生、感激』 乙一大槻ケンヂはパニック障害になってたらしい。どうりでしばらく見なかったと思った。彼の『くるぐる使い』は昔読んだが、さて、どんな話だったか。エッセイの方が面白そうに思う。川上弘美 乙一 角田光代 有栖川有栖 江國香織 重松清 山本文緒 田口ランディ 石田衣良 藤田宜永 鷺沢萠 他。そうそうたるメンツではある。

  •  三十七人の新進作家達によるショートストーリーまたはエッセイを集めた「短篇集」。競作テーマは「 コミュニケーション、伝えたい思い 」。 
     三十七篇を通読すると、短編の多くが、売れずに苦労していた頃の思い出や、大切にしてきた記憶がモチーフであった。その為、若き作家達の夜明け前の青春群像という趣もある。ほのかにあったかい読後感を得られた。
     気軽にすらすら読める本。 

  • 透き通った世界の中に、時折温度と臭いを感じるエッセイ集。
    コミュニケーションをテーマに書いてある37話。
    心がポッとあったかくなる一冊。

  • 著名な方々のショートエッセイ。贅沢に読めます。

  • 「コミュニケーション」をテーマにしたエッセイ集。電話、FAX、メールなどそれぞれのつながり方、エピソードが集められています。

    特に気に入ったのは
    大林宣彦「賢者の自由」
    瀬名秀明「一言が伝えられない」
    です。

  • ずっと読みたいと思っていました。

    37人の著名人がそれぞれ「伝えること」を語る本。

    それぞれ良いことを言っているのだけれども、あまりにも短すぎて印象に残らなかった、というのが率直な感想です。

    エッセイだけでなく小説もあったりするので、余計にもっと長いものが読みたくなります。

    FAXを使う話に妙に惹かれたのは、今いちばん使わないもので、昔無性に使いたくてたまらなかったからだと思いますが、

    メールや電話ではなく、FAXで思いを伝えるって良いなぁと地味に思いました。

    いちばん覚えているのは、大槻ケンヂさんのお話で、

    自分の悩みごとも、戦争に比べればほんと大したことないなー、ということと

    勇気づけるなら自分の言葉で、ということに

    何だか今更な話だけれども慧眼でした。

  • 好きな著者が多く、心に残るフレーズが多かった!
    ちょっと時代背景が古かったのが残念。
    もっと前に読んでおけば良かった作品!

  • 37人の作家さんによるエッセイ集。
    「日本テレコムと『ダ・ヴィンチ』が「コミュニケーション」をテーマに、
    さまざまな作家の方にエッセイやショートストーリーご執筆の協力をいただき、実現した企画」とのことで、
    そういう背景があるからこそ、電話・FAX・メールを題材にした作品が多い。

    一編一編はかなり短く、そのため文章としてのまとまりがそれぞれ素晴らしい。
    これを読んだら、きっと誰かとつながりたくなる、そんな本でした。

    下の【目次】では省略してしまったので、以下執筆者を羅列いたします。

    鷺沢萠、山本文緒、北方謙三、宮本輝、江國香織
    五木寛之、藤沢周、松岡佑子、田口ランディ、大沢在昌
    森絵都、篠田節子、夢枕獏、角田光代、有栖川有栖
    山川健一、鈴木光司、藤田宜永、村山由佳、北村薫
    小池真理子、松尾スズキ、石田衣良、山本一力、大林宣彦
    川上弘美、大槻ケンヂ、馳星周、高橋源一郎、唯川恵
    石坂啓、鴻上尚史、重松清、谷村志穂、瀬名秀明
    坂東眞砂子、乙一

    実に豪華な執筆者方です☆


    【目次】
    What if…… 鷺沢萠
    試行錯誤はまだまだ続く 山本文緒
    モシ族のもしもし 北方謙三
    バーチャル……? 宮本輝
    そばにいてくれた? 江國香織
    (以下略。見出しは37項目あります)
    『君へ。 つたえたい気持ち三十七話』発刊に際して

  • 短編集で詩や手紙を読む感覚に近く読みやすい。
    それぞれの後に載っている写真や一言、嫌いぢゃない。
    簡単なことばなんだけど、何度も読むうちに違う読み方になったりするから面白い。
    誰かに手紙を書きたくなります。かしこ

  • 村山由佳「ありがちだけれど本当のもの」が秀逸。
    このシリーズを(微妙だと知りつつも)延々と買い続けたのは、村山さんのこの短編が忘れられなかったからかも。

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする