秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

  • メディアファクトリー
3.38
  • (61)
  • (121)
  • (320)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 1129
レビュー : 219
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840112345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事帰りの海辺で一気読み。
    ビール片手にノンビリできた。
    活躍中の作家を、読み比べ出来るのは楽しい。
    自分には、吉田修一が一番だった。

  • 様々なジャンルの作家さんたちの「秘密。」をテーマにしたアンソロジー
    数ページで完結する短編なのだが、
    それぞれの物語、出来事へのA面とB面を綴っていて面白い。

    吉田修一の「ご不在票」は・・・・少し辛い。

    短編だからこそ ドラマ仕掛けで粋だったのは
    森絵都の「彼女の彼の特別な日」

    有栖川有栖の「震度四の秘密」は男と女知らないでいた方がいいこともあるよね。

    本当に短い文章で展開していくので、通勤通学の電車の中で読みやすい1冊です。

  • 短篇集。一つの物語を2つの角度から描く。面白いな。
    作者ごとの読み味、色、感触があって、楽しめる。
    森絵都はなんだかとても可愛い話。小川洋子は一行目からそのワールドに入る感じ。伊坂幸太郎は、実は今まで読んだことなかったのだけど、ちょっと他のも読んでみたくなった。そして、堀江敏幸は、いつもの穏やかな佳品。
    あっと言う間に読んでしまいました。

  • それぞれの作家さんが1つの出来事をA面とB面から書いた短編集。
    特別大きな出来事ではないけれど、さくさくっと読めて面白かった。

    何が凄いって、文庫本の各たった3〜4ページの狭いスペースで、A面(主に起承転結の起承あたり)とB面(主に起承転結の転結あたり)の世界があっという間に広がるのだから、さすがプロだなぁと思う。

  • ひとつのストーリーを別主人公の視点で綴る12編。短いのはあまり好きではないけれど、好きな作家さんがたくさんだったので、それだけで楽しめました。小川洋子さんの「電話アーティストの恋人」がいちばん好き。

  • 1つの出来事が2つの視点から対をなして構成されている
    ショートショートに近い作品たちです。
    色んな「想い」に触れられます。
    小川洋子さんの「電話アーティスト」が何とも切なくて好きです。
    こんな想いの表現方法もあるのかと、その深さに感動。
    波風立てずに、大切に守られた想いにウルっとしました。
    堀江敏幸さんの「黒電話」や井坂幸太郎さんの「ライフ」も好きだなぁ~

  • ストーリーをA面、B面とか2方向から書かれる方式はおもしろいと思った。
    でも各ストーリーが短すぎて、論ずるまでもなく終わってしまう。
    もう少し長かったらもっと楽しめた気がする。

  • ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編集
    このテーマ自体おもしろいと思って手に取りましたが、
    うん、すごくよかった

    行き帰りの電車で読み切れたくらい1話ずつが短い
    それぐらいの短さが、ささいな秘密を描くのにはちょうどいいのかなぁと

    人間の行動には必ず理由があるんですね

  • 彼もまた、自分の人生を進んでいる。

  • A-side とB-side の話が2~3頁いろんな作家で。
    全体的にいまいちだな。
    今まで読んだことのある作家で、これを読んだから印象が変わったっていうのはないな。
    ということは、作家の個性がちゃんと出ているオムニバスということか。

    良かったの。
    有栖川有栖、堀江敏幸、三浦しおん、森絵都
    合わなかったの。つまらなかったの。
    吉田修一、唯川恵、北村薫

全219件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

吉田修一の作品

秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)に関連する談話室の質問

秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする