秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

  • メディアファクトリー
3.39
  • (61)
  • (121)
  • (318)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 1124
レビュー : 219
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840112345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙の女の子の表情と参加している作家さんと、タイトルに惹かれた本。
    1編の長さはどれも短いけど、ドキッとするお話ばかり。
    吉田修一さんの「ご不在票」の悲しい秘密。
    有栖川有栖さんの「震度四の秘密」では、バレバレな秘密。
    小川洋子さんにしか書けない秘密にドキッとする「電話アーティストの甥」。
    北村薫さんの描く憧れの先輩の秘密に仰天し、三浦しをんさんの描く秘密の恋にニヤリ。
    そして、阿部和重さんの「監視者」の優しい秘密にほろり。

    どんな1シーンにもA面とB面がある。
    両方を見ることが出来ないのはとても悲しいけど、自分の目に映ることが全てじゃないのは嬉しいことだ。
    私はそう思う。

    • takanatsuさん
      「ふ~ん。読んでみようかな、、、」
      nyancomaruさんのお気に召すかしら…とドキドキしてしまいます。(ドギマギ)
      「ふ~ん。読んでみようかな、、、」
      nyancomaruさんのお気に召すかしら…とドキドキしてしまいます。(ドギマギ)
      2014/04/18
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      図書館から届いたので、通勤時に読もうと思ったら、明後日から暫くお休みだった。。。
      「A面とB面がある。」
      1話読んで、意味が判りました。
      図書館から届いたので、通勤時に読もうと思ったら、明後日から暫くお休みだった。。。
      「A面とB面がある。」
      1話読んで、意味が判りました。
      2014/05/01
    • takanatsuさん
      「通勤時に読もうと思ったら、明後日から暫くお休みだった。。。」
      あ!お名前が猫丸さんになっていますね。
      改名されたのですか…?
      (話を...
      「通勤時に読もうと思ったら、明後日から暫くお休みだった。。。」
      あ!お名前が猫丸さんになっていますね。
      改名されたのですか…?
      (話を元に戻して…)
      短いお話ばかりなので通勤のお供にはぴったりだと思います。(セールストークではありませんよ!)
      お気に召すお話がありますように…(ドギマギ)
      2014/05/02
  • 作家12人によるアンソロジー。
    一つの物語を別々の人物2人の視点から描くショートショートが計24編。
    本当に短いお話だから、空き時間などに読むのにもうってつけだと思う。

    初めてお目にかかる作家さんもいて、そこがアンソロジーの良いところだ。
    自分に合う合わないも12人12色(笑
    興味を惹かれる作家さんに出会えるかも?

    私にとっては、森絵都さん、北村薫さん、三浦しをんさんのが特に良かった。

  • ドラマの裏側にあるもう一つのドラマ。
    A,B,ふたつの視点からこの作品は成り立っています。
    12人の作家さんが一度に読めて、しかもサイン入りで、お得な一冊。
    文章が短い分、場面がくっきりと浮かび上がってきて、とても楽しく読めました。
    中でも小川洋子さんの、「電話アーティスト」が小川さんらしくてよかったです。

  • 伊坂さんを始め有名な作家達が綴った12編の短編集。レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴られています!とても短い短編でほんの短い時間で読めました!これだけ短いお話をA面B面で描かれるのは大変だったと思いますが本当に皆さんスゴイです♪とても素敵な作品ばかりでした☆伊坂さんのはやはり伊坂さんらしくて、とても好みでした♪小川洋子さん、阿部和重さんはとてもじーんとして深みがあり、三浦しをんさんは明るく可愛かったです♡森絵都さん、有栖川有栖さんも良かったです★とても楽しめました♪

  • 仕事帰りの海辺で一気読み。
    ビール片手にノンビリできた。
    活躍中の作家を、読み比べ出来るのは楽しい。
    自分には、吉田修一が一番だった。

  • それぞれの作家さんが1つの出来事をA面とB面から書いた短編集。
    特別大きな出来事ではないけれど、さくさくっと読めて面白かった。

    何が凄いって、文庫本の各たった3〜4ページの狭いスペースで、A面(主に起承転結の起承あたり)とB面(主に起承転結の転結あたり)の世界があっという間に広がるのだから、さすがプロだなぁと思う。

  • 1つの出来事が2つの視点から対をなして構成されている
    ショートショートに近い作品たちです。
    色んな「想い」に触れられます。
    小川洋子さんの「電話アーティスト」が何とも切なくて好きです。
    こんな想いの表現方法もあるのかと、その深さに感動。
    波風立てずに、大切に守られた想いにウルっとしました。
    堀江敏幸さんの「黒電話」や井坂幸太郎さんの「ライフ」も好きだなぁ~

  • 豪華な作家さん達につられて読み始めた。
    ひとつのお話をA面、B面と別視点で書いていて、短編というよりショートショートと言ってもいいくらいの短いお話なのですが、その短さの中に鮮やかにお話ができていて、さすがプロだなあと感心するしかない。
    森絵都さんのバーで男女が出会う話と、三浦しをんさんの俳優さんが彼女に電話をかけるはなしが可愛らしくて好き。
    冒頭の吉田修一さんの作品は明暗がくっきりで、短いながらも切ないです。
    篠田節子さんの「別荘地の犬」……A面では、心配ではらはらした。

  • 登場人物の様々な角度からみた状況が新鮮で、第三者からみた私はすごくもどかしい感情がありました。
    優しくて、どこか愛おしい人物を見守っていると感覚で読める作品だと思います。

  • 結構好きな話が多かった。
    とくに伊坂さん吉田さん唯川さん。

    眠いときに読むんじゃなかった。
    もったいない。

    「まあ、そういうもんだよ」
    「うまくいかないこともあるよ」

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

吉田修一の作品

ツイートする