秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

  • メディアファクトリー
3.38
  • (61)
  • (121)
  • (320)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 1129
レビュー : 219
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840112345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編集
    このテーマ自体おもしろいと思って手に取りましたが、
    うん、すごくよかった

    行き帰りの電車で読み切れたくらい1話ずつが短い
    それぐらいの短さが、ささいな秘密を描くのにはちょうどいいのかなぁと

    人間の行動には必ず理由があるんですね

  • 彼もまた、自分の人生を進んでいる。

  • 二人のそれぞれの視点から描くショートショート。
    流石の皆さん、短い話の中にも感動やドラマがぎっしり詰まってる感じ。
    特に森絵都さんの話、篠田節子さんの話がお気に入り。

  • 2013 11/17

  • これ、おもしろいね!

    ある事実を2人の別主人公の視点で描かれているのがおもしろい!

    しかも、12作品全部。

    人の視点の違いによって、同じ事実でもこんなに違うんだー!
    という所がおもしろいね!

  • ひとつの場面を2人の視点で描いた短編アンソロジー。3,4ページ×2面(A面とB面)の本当に短い話の中に、それぞれぐぐぐと引き寄せられた。どの話にも惹かれたアンソロジーにしては珍しくいい本。吉田修一、篠田節子、伊坂幸太郎のが特に好き。

  • レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリを2人の別主人公の視点で綴った短編十二編。
    読んだことのある作家は森絵都、小川洋子、唯川恵、伊坂幸太郎、三浦しをん。しかし他の作家陣も豪華なラインナップのようだ。

    一編あたりの長さはどれも4~6ページくらいでかなり短い。でもこのA面・B面で綴るというちょっぴり変わったテーマが面白いし、どれもサラっと読めて意外とほっこりするような話が多いのが気にいった。

  • ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編集

    このテーマ自体おもしろいと思って手に取りました

    うん、すごくよかった

    行き帰りの電車で読み切れたくらい1話ずつが短い

    それぐらいの短さが、ささいな秘密を描くのにはちょうどいいのかなぁと


    人間の行動には必ず理由があるんですね

  • 12人の作家が、レコードのA面B面のようにひとつのストーリーを二人の別主人公の視点で綴った短編集。

  • 短編12話収録。全12話に二人の視点からの描写があり、12かける2で24話あるとも思える。電話会社がスポンサーだった関係で、電話を利用して、二人の視点を表現する作品が多い。12人の作家から1話ずつ書いているので、内容もいろいろ。短編なのでとにかくよみやすい。で、おもしろい。

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

吉田修一の作品

ツイートする