不思議の国のアリス

制作 : トーベ ヤンソン  Lewis Carroll  Tove Jansson  村山 由佳 
  • メディアファクトリー
3.54
  • (42)
  • (50)
  • (112)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 528
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840115100

作品紹介・あらすじ

守ってあげたいアリスです。村山由佳(直木賞作家)の新訳。トーベ・ヤンソンの"幻のアリス"40年の時を経て初公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 翻訳は、新潮文庫の『不思議の国のアリス』、矢川澄子さんの作品の方がずっと原作に忠実です。
    日本語という言葉のニュアンスをいかに英語に近づけ、読者に伝えるか・・・生みの苦しみすら匂ってくるような名訳です。
    原著か、矢川澄子訳を読んでから本書を読むことをお勧めしたいなと思います。

    こちらの作品は、トーベ・ヤンソン氏の挿絵が主役です。

    挿絵って、物語のすべてを絵にするものでなく、物語のイメージを豊かにするためについているものだと思います。
    だから、作り手の印象深い場面「ここを絵として表現したい」そんな思いのある場面が、絵になるんじゃないのかなと、勝手ながら想像しました。
    「え!?ここ??」
    今までイメージしてこなかった場面にふっと挿絵が出てきて、表現の仕方も、すごく面白いんです。
    トーベ・ヤンソンさんの頭の中のイメージは、ものすごく独創的で、可愛くも怪しくも、見たいような見たくないような、影も光もすべてを取り込んだ万華鏡のように変化する不思議な魅力に満ちおり、虜になってしまいました。
    今までに見たことも、感じたこともない、アリス。
    トーベさんは、こんな風に『不思議の国のアリス』について感じているんだぁと、そのセンスに圧倒されました。

  •  行きつけの図書館、佐々木マキ挿し絵のアリスを借りようとしたら、かたわらにトーベ・ヤンソン挿し絵版があるではないか。
     マキ先生には悪いけど、そちらを先に借りてしまう。
     何せヤンソンと来たら、イラストレーターとしても一家をなし、トールキン『ホビットの冒険』の挿し絵も手掛けている。決定版とも言うべきアリスを描いたジョン・テニエルと渡り合える腕前だ。
     美女・美少女が皆目でてこないムーミン・シリーズだが、ことアリスとなれば、美少女に描かざるを得ないはず。
     読む。村山由佳による訳文は語り口調で、英語のシャレも果敢に翻案してくれる。
     さて、挿し絵。さすがはヤンソン、不思議の国の幻獣はウキウキ生き生き描いているのに、アリスは何だか物憂げで、よく見れば可愛いのかな……? 美少女が犇めくフィンランド。モデルには事欠かないだろうに。
     難癖をつけたが、97頁・114頁の挿し絵は気に入った。後者に描かれた帽子屋は隠者のようで憧れてしまう。

  • 不思議の国のアリス 原作者のルイス・キャロルの作品です。

  • 原著の銅版画が魔術書の気配を残していたのに比べ、トーベ・ヤンソンの挿絵はさらに陰鬱、畜生や変質者の類に囲まれる息苦しさが切実に迫ってくる。村山由佳の翻訳は臨場感をもってこれから思春期を迎える少女の動揺を描写していた。古風な英語までも忠実に大仰しく訳すようなことがないので、数多くアリス本のなかでもかなり感情移入しやすい内容だった。

  • ディズニーの絵をイメージしてしまう私たち。ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンさんの挿絵のアリスです。

  • 帰宅途中、本屋でこの本に強く呼ばれてしまったので、我慢できずに買ってしまいましたよ。
    税別¥1500なり。
    2014/12/24 読了。
    ちびちびと大事に読んできて、やっと読み終わった。
    どのアリスもそうだけど、あいかわらずわけがわからなくて楽しい。
    どの訳者のアリスも良いなー。
    もちろんこの村山由佳版もちょっと違ってなかなか良かった。
    アリスコレクションにまた幅が広がった。
    トーベ・ヤンソンの挿絵もホントよいね。
    ちなみにトーベ・ヤンソンの描くキャラクターは鼻がとんがった動物が秀逸。
    鼻がとんがった動物が一番好き。

  • トーベヤンソンの絵で読む、不思議の国のアリスです。ニョロニョロみたいだったり、ムーミンの家みたいだったりします。訳は村山由佳さんです。

  • トーベヤンソンさんが挿し絵のアリス。トーベヤンソンさんらしいほの暗さ全開で、チェシャ猫もハートの女王も気持ち悪いのなんのって。でもそこがまた魅力的ではまってしまいます。
    村山由佳さんの訳もなかなか素敵ですが、ダジャレ満載のウィットにとんだ文章は翻訳で読むにはやはり限界があるのかも。とは言え原訳のまま読む能力はないのだけれど。

  • ディズニーでおなじみのこの作品!
    原作を読んでみるとまた違うおもしろさがあります!
    「鏡の国のアリス」もぜひ読んでみてください!

    鹿児島女子短期大学: らんらんるー

  • 『アリス・オンパレード』第10弾。縦22.0cm,横15,5cm。カラー挿絵を活かすために上質紙を用いており、重い。メディアファクトリーの出版。訳者は人気小説家の村山由佳。語りに工夫が凝らされていて、全体は男性というよりは少年による語りのようなスタイル。また、中の登場人物たちも、例えば三月ウサギが東京下町方言で、帽子屋は大阪弁で会話を交わしている。ただし、本書で最大の価値を持つのは、本国でも手に入らないトーヴェ・ヤンソンの挿絵だ。ウサギ穴の中とはいえ、ほの暗くどこか陰鬱なアリス。寂寥感さえ漂っている。

全77件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

原作者。
1832年-1898年。本名はチャールズ・ラドウィッジ・ドジソン。
イギリスのオックスフォード大学クライスト・チャーチ学寮の数学講師であったが、
ペンネーム、ルイス・キャロルの名で『不思議の国のアリス』を執筆、出版。
『不思議の国のアリス』は現在に至るまで世界各国語に翻訳され愛され続けている。

「2019年 『不思議の国のアリス 型ぬきワンダーブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不思議の国のアリスのその他の作品

ルイス・キャロルの作品

不思議の国のアリスを本棚に登録しているひと

ツイートする