ひとりたび1年生

  • メディアファクトリー
3.88
  • (126)
  • (132)
  • (140)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 902
レビュー : 133
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840117548

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとり旅初心者なので手に取ってみた。

    日光鬼怒川、鎌倉、長野善光寺、花巻温泉、博多、沖縄、京都、三重…ひとりでたかぎさんが旅に出る!!

    体力なし、方向オンチ、小心者…そう自身を表すたかぎさん。
    私は、「いっしょ、いっしょ!」といきなりテンション上昇。

    周りの友達がひとりたびを楽しそうにしている様子に、一念発起!
    最初は、日光~鬼怒川へ。
    友達と1日目を一緒に過ごし、2日目を一人で…というプランから。
    友達とわいわい過ごした後のひとりの辛さ…分かる!!
    ひとりで過ごしていた時間も楽しかったはずなのに、途中で友達との時間をはさむと、その後のひとりぼっち感、すごいのだ…と、私の振り返りは置いておいて。

    いきなり、鬼怒川ライン下りに参加。
    びくびくしつつも、チャレンジ精神あふれるたかぎさんはこのひとりたびデビュー以外もけっこうがっつり突き進んでらっしゃいます。
    ひとりたびの達人からすれば、ベタなガイドになってしまっているかもしれませんが、あまり旅自体もしたことがないし、ましてやひとりだなんて、という方にはいい本なのではないでしょうか。
    まさしく、1年生向け。

    ひとり舞妓体験は…私の中ではかなり上級生(笑)。

    ひとりたびにこだわらず、行ってみたいな、と単純に感じる場所も。
    “自炊のできる湯治場”、面白そう…同じノリ?で、コテージにも泊まってみたい。

  • ゆっくり読むつもりが「体力なし」「方向音痴」「小心者」「さみしがりや」等々、自分と重なることもあり一気に最後まで読んでしまいました。
    途中での不安や失敗なども心の持ち方とか次のひとりたびへの勉強にもなります。
    宿坊やダイビング取得たび、自炊する湯治宿等1年生とはいえ結構チャレンジしていますが、私もひとりたびしてみようかしら・・と少し背中を押してくれる本でした^^
    2年生の本も読んでみたいと思います!

  • ほわほわしている。

    ちょっと引っ込み思案で、照れ屋で可愛らしいなおこさん。
    京都旅は知ってるスポットも多いです。
    いつかは私もおひとり様…できるんやろか?

  • 「せんせい」が意外なところで活躍しているシーンが好き。

  • ようやく余裕ができてきて、ひさびさの読書。
    エッセイかなー?と思ったら漫画でした。
    なので30分ぐらいで読了。
    なかなか元気をもらえました。
    一人でもなんとかなるよね!

  • 同じ作者の「30点かあさん」はおかあさんのキャラがとにかく面白かったけど、この漫画はキャラというよりは旅自体が立っている。

    30過ぎた、いい大人が一人旅をするのに、ドキドキする漫画?なんだかなぁ~
    と思いながら手にとって、ぱらぱらめくってみるうちに、いつの間にか「たかぎなおこワールド」に入ってしまっている自分を発見。

    ほのぼのした絵柄どおりの、マイペースなかわいらしい行動の数々。筆者の人柄に癒されながら一緒に「一人旅」をしているようです。食べ物とか本当においしそう。

    一人旅は、観察眼が冴えわたる。孤独だからこそ、すごく他人のこと見てる。そんなことも思い出させてくれました。

  • Z7

  • ひとり旅未経験の著者が初めてひとり旅をしたというマンガ。
    イラストがゆるく、気軽な感じで楽しめた。これを見ていると自分も旅がしたいという気持ちになりました。

    色々なところへ行き経験したい、という思いがあるんだなって感じました。

    旅の持ち物を見たかったな、というのが心残りです。

  • 一人旅してみたいけど小心者なので勇気をもらおうと読んでる一人旅もの。益田ミリさんに続いて第二弾。こちらも益田さんと同じく(というか私とおなじく・・)一人で店に入るのをためらって結局宿でパンを…みたいなとこがあって共感。でもたかぎさんの方がかなり行動力と勇気はある感じ。躊躇すること無く一人食事は堪能してるし、なんといっても宿坊とかダイビング合宿とかかなり未知の世界に一人で飛び込んでるところが凄いなと正直に思う。
    とはいえ、あとがきに書いてあるように自分の性格にあった旅を考えるってのが大事なんだろうなって思った。
    素直に旅行に行きたくなった作品。続編ではどこでどんな旅をしてるのか、またどんな気持ちの変化が起こるのか。楽しみです。

  • ひとり旅したくなる。

全133件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ、三重県四日市市出身。
2003年『150cmライフ。』でイラストエッセイデビュー。身近な題材を中心に、多くのイラスト・コミックエッセイを手がけている。ひとりたび、ひとりぐらし、マラソンのシリーズが代表作。『お互い40代婚』といった、自身の日常的な体験を気付き・成長とともに描いた作品も人気。

ひとりたび1年生のその他の作品

たかぎなおこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ひとりたび1年生を本棚に登録しているひと

ツイートする