もしもし、運命の人ですか。 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.68
  • (88)
  • (158)
  • (170)
  • (27)
  • (2)
本棚登録 : 846
レビュー : 176
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840118163

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • だいぶ以前に読んだのですが、久しぶりにページをめくったら、また爆笑してしまいました。歌人・穂村弘さん、どこまでホントかわからないけど、いいんです、面白いから。
    たぶん電車の中では読まない方がいいと思います(笑)

  • 「じゃあ」っていうことばの続きを考えちゃうのがいい(苦笑)。題名に惹かれて、畳の部屋で蝉の声聞きながら、グレープフルーツのサワードリンク飲んで、ただ、なんとなく読み始めたら、あっというまに読み終わっちゃった。

  • 「じゃあ」っていうことばの続きを考えちゃうのがいい(苦笑)。題名に惹かれて、畳の部屋で蝉の声聞きながら、グレープフルーツのサワードリンク飲んで、ただ、なんとなく読み始めたら、あっというまに読み終わっちゃった。

  • 歌人穂村弘の恋愛に関するエッセイ。人から発せられる言葉や態度に凄く敏感なアンテナのある人だな。こんなにいつも色々シュミレーションしてみたり妄想したりしてんのかな。ちょっと面倒臭いかも。

  • めんどくさい男だ。
    と、以前この人のエッセイを読んだ時も思ったことを思い出しました。

  •  恋愛についてかくも真面目にかつ非現実的に考察している人ってのもなかなかいないと思う。いや、しかし面白いですこれ。

     作者の感受性がみずみずしすぎて素で少女漫画でも描けるんじゃないかっていうほど。自己愛に対する考察の部分は目から鱗だった。ロマンチストってすごい。

    「うまく云えないんだけど、たぶん初めてのことをふたりで分け合いたかったんだと思う。たとえ、それが一緒に罠に掛かることでも」

    職業選択の自由が自己実現へのプレッシャーを逆に高めたように、恋愛の自由が関係性の実現と継続への道を狭めたところがあると思うのだ。

    このひとは花火をみたらただそれに向かって歩けばいいと思ってるんだな、と思う。素敵だ。

    誰かを好きになることの出発点に自分自身への好意的評価が存在するという例は、一般的な恋愛の場合にも珍しくないように思う。

    一班に無償の愛とみなされがちな母子愛が「自己の分身を無条件に愛する」という意味での自己愛の究極形だとしたらどうか。

  • 私はこれで穂村さんワールドへ引き込まれ…

  • 拡張世界‐『現実入門』『もしもし、運命の人ですか。』『もうおうちへかえりましょう』『カラスヤサトシ』
    http://d.hatena.ne.jp/kojitya/20091201/1259667502

  • 男子の気持ちが見えておもしろかった。
    中川さん曰く、歌人だから表現が独特でおもしろいらしい。
    確かに。
    この人の歌をもっと読みたいな。

  • 2010.2
    穂村さん、いや、ほむほむらしいエッセイ。
    やっぱりこうでなくっちゃ。


    「好意の数値化」「心の地雷原」「恋にかかる瞬間」「男子力と女子力」
    とか。なんかわかりすぎるくらいわかる。


    「『~なのかな。』をばらまくなんて、人間のオーラを濁らせるよ。もっと清潔にリスクを負わないと」

    「つまり、女子にとっては女子力の圏外にある長所の多くが恋愛の入り口にならないのだ。むしろ出口になることが珍しくない」


    なるほど、そうゆことだったのか・・・。
    でも、これが頭でわかったとして、どうしようもない。
    ということがわかっていても、また考えてしまう。スパイラル。

    これか。
    あちら側にはいけない所以。

全176件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら ひろし)
1962年、北海道生まれの歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞をそれぞれ受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。その他代表作に、『本当はちがうんだ日記』『絶叫委員会』『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

もしもし、運命の人ですか。 (ダ・ヴィンチ・ブックス)のその他の作品

穂村弘の作品

ツイートする