片付けられない女は卒業します

著者 :
  • メディアファクトリー
3.08
  • (3)
  • (16)
  • (51)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 145
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840118491

作品紹介・あらすじ

辛酸なめ子(32歳・厄年、独身)、ついに生涯の伴侶(あたらしいマンション)と出会いました。女の引っ越しは、出産と並ぶ最大のデトックスです。とうとう住まい美女に変身!新生・なめ子の"乙女の巣作り"エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじ
    辛酸なめ子の記録。ひとり暮らしの始めは中古のマンションを購入。しかし、毎月大量に送られてくる雑誌、原稿でゴミ屋敷のように…。取材でたまたま新築マンション購入を決め、引っ越しと同時に汚部屋卒業を目指す…。

    一番読みたかった、汚部屋脱出までの経過はあっさりとしていて、というかプロに頼んでいて、あっというまに金額のみが記されていた。あとは、東京の新築マンションをかった高揚感で、高級家具を買いまくる様子が書かれている。辛酸なめ子売れっ子だなーとは思うけど、鼻につく感じがない。面白かった。印象に残ったのは、部屋の雑誌タワー(ただただ積み重ねられた雑誌の高い束)を擬人化していたところ。

  • 【図書館本】思ってたのと全く違った。なので何の参考にもならなかった。そして卒業してない。強行突破。新居の写真でも全然片付いてないのが分かるけど、すぐに前の部屋と同等になりそう。
    自虐・スピリチュアルに溢れていて、とても読みづらかった。苦痛。

  • 他のも読みたい!!

  • 汚部屋住人の引っ越し、おしゃれ家具の収集と、独特の感性で書きとめられたつぶやき。インパクトはない。

  • やはりお部屋をキレイにしておくと運は上がるみたい。
    逆に汚いお部屋は運を下げるし、デブになったりするらしい。
    らじママに実践させなくては!

    本自体は、作者のマイホーム購入&その後のインテリア大購入をつづっただけのものでした。
    文体はけっこう好きだけどね(笑)

  • つまらなかった

  • 素敵なインテリアを買い漁る話とか、嫌みになりそうなのに、そう感じさせないのはさすが。

    私も片付けがんばろー

  • すらすらと読めたのは、同じおとめ座のA型だからでしょうか?片づけられないのに、北欧の家具好きってとこが身につまされます。

  • おもしろいなぁ。他のエッセイも読んでみよ。
    片付けのテク系の本はたくさんあるけど
    そんなのしゃらくせぇっ!という人におすすめな本。
    多分マネしたら破産する。

  • 5年後はいかに

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家、コラムニスト

「2019年 『タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片付けられない女は卒業しますのその他の作品

辛酸なめ子の作品

ツイートする