乙女部部長 (ダ・ヴィンチブックス)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.35
  • (7)
  • (26)
  • (51)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840120791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あー私もそろそろこちら側に差し掛かっているのだなとひしひし感じて読むのが少し辛い。おんなのこはいつまででもおとめでいたいんだよ。それが世間から認められなくなってきても……。2013/428

  • 最近児童文学やYAのばっか読んでたけど、久し振りにライトでオトナ女子向けな吉野先生
    こういう自然体な文章が上手いよな~~~と

  • 当時、結構面白かった。乙女部を立ち上げて部長と呼ばれてしまうところが、なんとなくよい。

  • 32歳、独身、彼氏ナシの小夏。デパートに勤務して10年の、どうってことのない中堅社員だ。
    きっと出会えると信じて運命の人を待ち続けてきた。だけど30代になったら世間の風も友達も
    急に冷たくなった。「いいかげんバカじゃない?」…運命にもタイムリミットってあるの?

    笑えない自虐ネタを連発する人は、フォローを求められている気がしてちょっと苦手。他人を貶める事で笑いを取ろうとする人は、はっきりと、嫌い。
    自分の価値観を押し付けて いつまでも夢を見るなと言う人もいるだろう。そんなの自分が一番分かってるんですよ。
    王子様を待ってても、過去の恋に囚われてても、いいじゃない。そこに留まるのも自由。だけど勇気を持って一歩踏み出せば何かが変わるかも…
    その一歩が難しいんですけどね。ゆるっと楽しめるアラサー乙女小説でした。もうちょっと毒気があったらなお良かったな。

  • 最初、遥香がきつすぎて抵抗があったが、仲が良すぎるとそういう場合もあるのかもしれないですね。
    本の表紙の絵とタイトルが気に入って読みました。

  • さらっと読了。
    32歳の独身女性が運命を信じて待ち続ける話です。

    自分の将来をみているような、ちょっと怖い部分もある。
    元同期の親友遥香は、みぃちゃんのようなわたしのような。
    この年齢の親友って、偉大。

    こんな風にハッピーエンドでおわることはない、運命の人なんて思ってるのは高校生まで。
    なんて思っていたけど、女性はいつだってロマンチックな出会いを求めてしまうのです。。

  • 赤毛のアンを愛読する乙女チックな主人公・小夏。
    運命の出会いを待つのだが、
    元同僚で今は専業主婦の友達・遥香にはもっと現実を見ろと諭される。
    のんびりさん小夏と、
    はきはきしてる遥香。

    仕事してる独身と、専業主婦だと、
    仕事の同僚時代とは関係性が微妙に変わってくるよね。

    ラストはよかったねというような、
    ほのぼのハッピーエンド。

    物足りないけどいいのかな。

  • この作者の本はどれもサラッと読めますね。
    そういうときにはすごく適しているかも。
    乙女部という部自体もそんなに深く掘り下げられてなかったけど、それなりに普通に普通のOLさんのお話で楽しかったです。

  • 2015/5/23

  • ◼バレンタインの本日読むのはスタートがバレンタインだったから、タイミングばっちりだった。(たまたまだけどw)
    主人公32歳とかもすごくすごく共感でそた。運命、とか信じないけど親近感たっぷりの本でした。

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年生まれ。神奈川県出身。作家、脚本家。2005年、『秋の大三角』(新潮社)で第1回新潮エンターテインメント新人賞を受賞。児童書の作品に、シリーズ20万部を超え、文庫化もされた『チームふたり』などの「チーム」シリーズ(学研プラス)や「100%ガール」シリーズ、『時速47メートルの疾走』『赤の他人だったら、どんなによかったか。』、「ライバル・オン・アイス」シリーズ(以上講談社)などがある。『劇団6年2組』『ひみつの校庭』(ともに学研プラス)で、うつのみやこども賞受賞。童話に『おしごとのおはなし パイロット パイロットのたまご』『どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん 』(いずれも講談社)などがある。

「2019年 『スポーツのおはなし 卓球 ピンポン兄弟 ゆめへスマッシュ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉野万理子の作品

ツイートする