日本人の知らない日本語

著者 :
  • メディアファクトリー
4.07
  • (807)
  • (851)
  • (517)
  • (49)
  • (9)
本棚登録 : 5096
レビュー : 871
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840126731

作品紹介・あらすじ

日本語学校の先生と外国人学生がくりひろげる笑える日本語バトル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の子供に薦められ購入。大したことあるまい、と思っていたが 良い方に外れた。いつも使っている日本語なのに実に知らない事が多いことに改めて驚いた。
    良書であり現在三巻目まで出ている。
    この流れで「中国嫁日記」を読むことになった切っ掛けである。

  •  母語だから当たり前に使えている(使いこなしてはいないが)日本語の奥深さを再認識させてくれるコミックエッセイ。
     豊かで素敵なそしてチョッピリ?難しい日本語、なんでも「カワイイ」「ムカつく」「超○○」「ウザい」で済ませるボキャ貧(な、懐かしい…)は勿体ないぞ。

  • 「(日本に来る)外国人の方のことを知るのに良い」とアドバイスをいただき手に取ってみましたが、確かに面白い!一気に読んでしまいました。
    留学生の方々のエピソードも興味深いですが、かな・カナのルーツや「”お”と”を”の発音の違いの変遷」など知らなかったこともいっぱい出てきて、タイトル通り「日本人の知らない日本語」を知ることもできて面白かったです。

  • 日本語って難しいなあと思いました。
    日本人より日本語を勉強している外国人の
    ほうが日本語を正しく使えているかもなあ笑
    あたしも頑張って正しい日本語を
    使えるようにこれからは、真面目に
    国語の授業を受けることにします(´Ο∇Ο)

    先生と生徒とのやりとりがすごく面白いです。
    笑いこらえるのに必死だった・・・。

  • シリーズを通して。普段知ることのない日本語の先生という仕事をおもしろおかしく紹介している。いろんな国から集まった生徒たちの珍回答におもわず笑顔になる♪

  • 図書館で借りた本。
    前に児童館で見かけてゆっくり読みたいと思っていたので。
    ・目上の人に「頑張れ」はNG。「お疲れが出ませんように」が正解(p39)
    ・丁寧な接頭辞「お」は和語に、「ご」は漢語につくのが原則(p106)
    など、日本語ネイティブでも新たな発見がある本。
    日本語、その成立の歴史、海外との文化の違いやそこから生まれる笑い、など面白くてためになる本だった。吹き出しながら読んだ。
    「新しい国語表記のハンドブック」は欲しいな。
    「敬語の指針」はひとまずブックマークしておいた。あとで読もうっと。

  • マンガとしても面白く、日本語の勉強にもなる。
    しゃもじの「もじ」の由来など知らないことも多く、興味深く読めました。

  • 図書館てマンガ置いてないんだけど、この本はあった。
    外国との文化の違いや日本語についてがよくわかる。

    日本語学校の先生は大変だー。
    でも日本語を知らない人から指摘されて初めて気付くものもある。
    日本人だからといっても正しい日本語は知らないものですね。
    小中学校で教えて欲しいわ。

    美しい日本語を使いたいと思いました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「初めて気付くものもある。」
      お恥かしい限りですが、気付くコトが一杯ありました。純粋に疑問符を背負ってくれる外人さんのお陰と感謝しています。...
      「初めて気付くものもある。」
      お恥かしい限りですが、気付くコトが一杯ありました。純粋に疑問符を背負ってくれる外人さんのお陰と感謝しています。。。
      2013/07/08
  •  日本語学校の講師・凪子先生が、一癖も二癖もある個性的な生徒から寄せられる、素朴だけどマニアックな質問の数々に、仕方なく調べて答える様子が面白いコミックエッセイ。

     読んでいると、我々が母語である日本語のルールについていかに知らないかを思い知らされます。まぁ、母語というのはそういう細かいルールを知らなくても当然のように操れるものなのです(ただし、レベルについては個人差があります)が、日本語や日本文化・慣習・風習を共有しない外国人の目から見たとき、はじめて日本語や日本文化の構造が浮き彫りになってきます。中学校から英語を学ぶ理由の一つはここにありますが(なお仲正昌樹『知識だけあるバカになるな!』も参照のこと)、それの逆パターンになっているところが本書の新しかったところだと思います。

     …と、小難しいことを書きましたが、本作は気楽に読んで楽しめるマンガです。
     任侠映画が大好きで、やくざ言葉を使うフランスのマダムや、手紙が漢詩の和訳みたいになっちゃう中国人の趙さんなど、面白いキャラクターの生徒さんが次々と登場。彼らの一生懸命さと日本語・日本文化への戸惑いに、一緒になって戸惑い悩む凪子先生を見ていると、自然と感情移入していました。
     また、ジャックさんや趙さんの敬語についての質問を読んでいる内に、「俺、ちゃんと敬語使えてるんだろうか…」とドキッとさせられることも。

     面白くてタメになる、これを未読の方はハッキリ言って人生損してます。超オススメ!

  • 外国人に日本語を教える日本語教師と、外国人の生徒達とのやりとりを収めたコミックエッセイです。個性的な生徒達と凪子先生との攻防戦(?)が楽しい。イラストも可愛いです。
    普段何の気なく使ってる日本語だけど、あらためて「何故?」と質問されると答えられないことばかりです。間に挟まれる日本語検定難しすぎる…
    日本語のルーツなどもとても勉強になりました。敬語の使い方は日本人の自分ですらいまいち理解できてないんですが、それを外国人に教えるのって大変だろうなぁ。本にも書かれてたように、しっかり日本語を学んだ外国人のほうが正しい日本語を使ってたりするのかもしれないですね。でも今で言う「言葉の乱れ」がそのうち「正しい日本語」になっていくんだろうな。
    外国では○(正)と×(誤)の意味が反対といのは初めて知ってびっくりしました。

全871件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ゲーム会社にてコピーライター兼デザイナーとして勤務後、独立。フリーライター兼イラストレーターの時代を経て、絵と文を同時に書けばいいのではと遅まきながら気付き、漫画家の道へ。著作に『日本人の知らない日本語』、『日本人なら知っておきたい日本文学』(共に海野凪子と共著)など。

「2016年 『決してマネしないでください。(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人の知らない日本語のその他の作品

蛇蔵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本人の知らない日本語に関連する談話室の質問

日本人の知らない日本語を本棚に登録しているひと

ツイートする