プラトニック・ホーム―いけだたかし短編集 (MFコミックス)

  • メディアファクトリー
3.36
  • (3)
  • (9)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840129954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いけだたかし氏の作品『プラトニック・ホーム―いけだたかし短編集(2010)』を読んでみた。 ”2DKの獏”が恐怖を感じた。

  • いけだたかしの初期短篇集。
    『ささめきこと』とは絵柄も話もかなり違っているようだが、
    『ささめきこと』で時折出ていた暗い面との共通性は感じる。
    当時の作風なのか、はっきりとした終り方(オチ)を示していない
    作品が多いように見える。

  • 描かれている当時、1990年代の風景、すでに20年近く昔になっている。ケータイやスマホのない日常生活・・・

  • これは凄い。もうね!話が逸脱過ぎて現代漫画界ではトップクラスだろうに・・・何で連載枠にならなかったんだろうか?まぁがっつりとした読み切りだからなのかしら?連載に繋がらない的な。いやはやこれは凄い宝物漫画になりました。未読の方は是非!読まないと損するレベル。

  • あ、そうそう、そうだったんだよ。いけだたかしの昔の作品ってこんなんだった。家族愛っていうの、なんかそんな感じの。『FADEOUT』もこんなんだったね。『ささめきこと』との乖離が凄まじいので忘れてた。
    しかし、なんだかんだでデビュー作の「山田の変身」が一番面白かったかも。ありきたりな内容だけど、芋虫に変身してても誰もあまり驚かないとか。

  • 家族愛を中心としたヒューマンドラマちっくな話が多数。
    ありきたりな日常のなかにわずかな非日常を投げ込むスタイル。
    余韻を残す作品が多かった印象。
    写真屋のガラスに映る親子3代の見開きに感動した。

  • 誰にでもありそうな日常、少しの非日常が、丁寧かつ重くなり過ぎないように描かれている。
    『ささめきこと』をずっと追ってきたので絵柄に少し抵抗があったのだが、たまに入るコミカルなタッチでやはりいけだたかし氏だなと感じた。
    それぞれの作品の読後感はさびしくもあり温かくもある。主人公格の年齢がやや高め(主婦多し)で感情移入しがたいかとも思ったが、雰囲気を伝える巧みさのおかげで不思議と読めた。
    空気の描写が巧い。
    おっさんになって、登場人物と同じくらいの年齢になった時にまた読んだらどう感じるのだろうか。それまではずっと取っておきたい作品だ。

全7件中 1 - 7件を表示

プラトニック・ホーム―いけだたかし短編集 (MFコミックス)のその他の作品

いけだたかしの作品

ツイートする