怪談実話系3 書き下ろし怪談文芸競作集(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • メディアファクトリー
3.52
  • (4)
  • (11)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840131995

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 加門さんを始め、好きな作家さんがたくさん出ていて嬉しい。温泉旅行先の怪異の話はさまざまな人からの視点で書かれている点では面白かったが、同じ話を何度も聞かされている感じがしないでもない。

  • 今回は4人の作家さんが同時体験した怪異について書かれているんですが、捉え方がそれぞれ違っていて面白かったです。割と冷静だったり、わけがわからずオロオロしていたり。
    怪談シスターズでいえば、やっぱり加門さんが一番しっかりしていますね(貫禄すら感じる)。三巳華さんも慣れていてすごいけど。
    立原さんは・・・天然すぎて可愛らしいと思いました(笑)。
    見えない人代表(?)の宇佐美さんの目線もまた面白かったです。

    他の話で一番怖かったのは、またしても安曇潤平さんの『霧幻魍魎』。
    岩井志麻子さんのお話は、こちらも読んだことがありました(全く同じものではないけれど、大体の内容は同じ)。

  • 季節も暑くなってきたので古本で恐いものを読みたいなと見ていて見つけた一冊です。
    短編は苦手なのですが、シリーズがいっぱい出ているし、実話って所がまた恐くてゾクゾクするのではないかと思い購入。
    「幽」企画の作家さん達の旅行先で起こった怪異。
    4人の作家さんがそれぞれの視点で書いているのがまた面白かったです!
    他の作品もゾクッとするような話ばかりで、楽しめました。

  • 「怪談の宴」イベント後の温泉慰安旅行にて怪異に見舞われた、当事者、関与者2名、傍観者それぞれ4人の視点で起きた怪異の顛末が語られるのが面白かった。
    最初は怖い絵と可愛らしくデフォルメされたキャラ達の組み合わせが絶妙な伊藤三已華さんからで入りやすかったです。
    それにしても加門先生いつもなら怒ってたり、怖がっていても、なんとなく笑える感じがするのに今回はすごく重い文体だった気がしました。きっともの凄く大変だったんだろうな。
    京極夏彦氏の「先輩の話」は知ってる気がするので稲川淳二さんの話をモチーフに作品にしたのかな?
    岩井志麻子さんのあの女シリーズも読めて嬉しい一冊でした。

  • 「怪談ノ宴」での出来事を様々な視点から伺うことが出来てより面白かった。
    京極先生のは淳二さんのお話なんかな?じんわり。
    志麻子さんの一人の女の話は怖すぎる。
    ここまでひどくはないけど、たまにこういう人いるな…。

  • 私たちは、呼び寄せられていた……!?海辺のホテルで作家たちを見舞う怪異とは。
    実力派執筆陣10名が拓く、怪談実話の更なる進化形。実力派執筆陣10名が拓く、怪談実話の更なる進化形。同時遭遇した怪異を4作家(加門七海、立原透耶、伊藤三巳華、宇佐美まこと)が競作する史上初の試み、あの稲川怪談に京極夏彦が挑む注目のコラボ企画など、新たな趣向を満載。
    未知なる恐怖が、あなたを襲う!「怪談実話系」シリーズ初のコミック作品も収録。実話界きっての実力作家たちが腕を競う衝撃の第3集。

  • 1つの怪異を4人の作家が、書いた4編は、それぞれ微妙に書いていることが違っていることが、逆にリアリティを醸しだしていました。

    京極夏彦さんの1編は、懐古の情を刺激され、懐かしい気持になりました。

  • ちょっと弱い。

    同じネタの女性作家4人視点は正直クドイ…。
    試みは美味しいけど、同じ本に載せたらアウトでしょう。

    岩井志麻子さんの「実はこれ、すべて一人の女の話です。」
    がテッパン。

    そのほかの作品は記憶に残ってないよ…。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

怪談実話系3 書き下ろし怪談文芸競作集(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に登録しているひと

ツイートする