好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • メディアファクトリー
3.05
  • (18)
  • (77)
  • (194)
  • (67)
  • (13)
本棚登録 : 1284
レビュー : 153
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840132367

作品紹介・あらすじ

はじめて恋を失って、はじめて本気で好きだったのだと気づいた-。有川浩、朝倉かすみ、梨屋アリエ、石原まこちん、吉野万理子、紺野キリフキ、宮木あや子ら七人の人気作家たちが、人生はじめての大切な失恋を綴った小説アンソロジー。終わった恋、始まらなかった恋、始めてはいけなかった恋…七人七色の失恋のカタチ。はじめての失恋には、恋愛のすべてがつまっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何でこんなタイトルの本を借りてしまったんだろう。借りたときは恋の予感でご機嫌やったのか…今はひたすら胸が痛いけど、一度借りたものを読まないのは読書道に反するから読む。

    双子の兄の婚約者に惹かれる弟、社内不倫、ずっと一緒にいる同性の親友への気持ち、愛娘が溺愛するアニメの作者へ嫉妬する売れない漫画家の父、新入社員を狙う社長、とげ抜き名人、言えなかった告白と突然の訃報…

    紺野キリフキさんの「とげ抜き師」と宮木あや子さんの「はじめてのお葬式」が良かった。この二作は星4つ。他は正直微妙…

    私も今とげ抜きが必要かな…大きいのが根深く生えてしまっているかも。それでも、好きだった彼をいきなり亡くした鳥居よりはいい。

    • まろんさん
      hetarebooksさん、こんにちは。

      なんだかこの頃レビューが少ないけど、忙しいのかな?と思っていたのですが。。。
      いつも溌剌としてい...
      hetarebooksさん、こんにちは。

      なんだかこの頃レビューが少ないけど、忙しいのかな?と思っていたのですが。。。
      いつも溌剌としていて、才気あふれるレビューが眩しいhetarebooksさんが
      こんなレビューを書かれると、ファンの私も胸が痛みます。
      それでも「一度借りたものを読まないのは読書道に反するから読む」というところに
      hetarebooksさんらしさが滲み出ていて、うれしいような切ないような。
      きりっと鉢巻を締めて、特大のとげ抜きを手に
      今すぐにでも駆け付けたくなってしまいました。

      2012/12/02
    • hetarebooksさん
      まろんさん、ありがとうございます。

      まろんさんのコメントにうっかり涙ぐんでしまいました。職場が変わったり、恋もなくしたりでちょっと抜け...
      まろんさん、ありがとうございます。

      まろんさんのコメントにうっかり涙ぐんでしまいました。職場が変わったり、恋もなくしたりでちょっと抜け殻みたいになってしまってました。

      ねじり鉢巻でとげ抜きに駆けつけてくれるまろんさんがいれば、もう少し頑張れそうです(*'-'*)
      2012/12/03
  • 有川さんと、宮木さんは突出してたかなーって印象。

  • 『タマママーンを探して』が1番すき。
    まさに、タイトル『好き、だった』ってそのもの。イイね。
    『いっせーのー、ぶたーーーー。』
    スッキリ爽快^_−☆
    広く捉えたら、これもまた『失恋』か?
    テーマに読み手が縛られると、つまんなくなっちゃうかもしれないけど。
    ライトノベルらしい作品ばかりで、楽しかったです。
    朝倉かすみさんの『ノベライズ』の『それでもいい』と『そんなのいい』のこだわり、私は好き。
    朝倉さんらしい、どこか他人事のような距離感は好き。
    ラノベに難しいこと求めません。
    清々しさと爽快感があればそれで私は満足です。
    その点では、有川浩さんのはちょっと足りないかな。有川ファンなだけに。宮木あや子さんの話はザンネンながら『セレモニー黒真珠』読んじゃったから既読だし。
    アンソロジーに載せた作品は載せたらダメだよー。読んでない作家さんに興味があって作者買いする人ががっかりしちゃうじゃん。まあ、人気作家さんにつられ買いする私としては、石原まこちんさんと出会わせて貰えたので、文句言えませんけど;^_^A

  • すんなり読める、短編集。

    「そんなの構わない」というフレーズと、『はじめてのお葬式』の話が好き。

  • 人の数だけ失恋があるんだなぁ。
    そして失恋を通して自分も知るんだろうなぁと思う

  • 有川先生の失恋の演算目当てに購入。
    思わず、読後に解説ブログをぐぐったくらいには、ちょっと、すぐには理解できなかった。

    有川先生は短編だと結構こういうの書くんだね。

    んー難しい、が感想です

  • それぞれの作者さんの小説の1章をまとめた小説。読んだことあるのがあった。

  • 豪華な作家陣だったけど、いまひとつピンと来ず。短いから読めたかなー。

  • 有川浩●自分と双子の兄を見分けられる、兄の婚約者を好きになってしまった…。
    朝倉かすみ●よくできた小説みたいな、そんな恋はしたくなかった。彼に妻がいたって、そんなことは構わない。
    梨屋アリエ●生まれてすぐ、そして女子高生になった今でも、彼女とずっと一緒にいる。彼女との間に距離が出来るから、雨は嫌いだ。
    石原まこちん●食わせてくれる妻に頭の上がらない売れない漫画家と、アニメヒーロー「タマママーン」が大好きな娘。
    吉野万理子●どんな年齢の女も、考えることがコワイ。そして世間狭い。
    紺野キリフキ●草津の湯でも治せない、みたいな。
    宮木あや子●好きな男の子が引っ越し先で車に轢かれて死んでしまった…。パズーのトランペット。

    有川さんと宮木さんが好きで。

  • 宮木あや子さんの小説が目当てで読みました。
    『セレモニー黒真珠』で取り扱われていた小説の裏側(表側?)が描かれていて良かったです。
    が、他の小説の出来がどうも…。
    特に漫画家さんが書いている小説は、文章として読むのが苦痛でした。

全153件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に登録しているひと

ツイートする