ママはぽよぽよザウルスがお好き(1)

著者 :
  • メディアファクトリー
4.00
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840135313

作品紹介・あらすじ

1993年に発表されるや、当時のママたちの熱狂的支持を得た通称『ママぽよ』が、新サイズで復刊しました!あのリュウが、アンが、そしてダーリンがふたたび暴れ回ります。あの頃、夢中で育児中だったママは、幼かったお子さんの姿を思い出し、今現在、必死で育児中のママは、青沼ママのパワーに元気をもらえます。子どもの可愛さも憎たらしさも、ママの愛情も本音もたっぷりにつまった「ママぽよ」ワールド、はじまります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 産前図書館にて。ああ、なつかしい!

  • 一巻が一番面白かったかなー
    リュウもアンちゃんもかわいい
    ダーリンがステキ
    のびのび子育て。

  • 「あるある!」という感じでとても共感できた。いつになっても子育ての苦労は同じ部分が多いのかもしれない。

  • 90年代に一世を風靡した育児コミックス『ママぽよ』の復刊。
    5歳の息子・リュウ、3歳の娘・アン、育児パパのダーリンとの日常を描く。

    いつの時代でも子どもについての悩みは変わらない。
    いつまでも古びず親の支えになってくれる作品。

    絵柄には好き嫌いがあるかも。

    ここで登場しているリュウとアンももう親になるような年なはず。
    そう考えると不思議な気分である。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1月1日、北海道生まれ。代表作『ペルシャがすき!』『ママはぽよぽよザウルスがお好き』『たんぽぽちゃん』など多数。『ママぽよ』のその後を描いた『かわいいころを過ぎたら』(リュウ編 アン編)、『20歳は過ぎたけれど』(小社刊)は子どもを持つ母たちの間でロングセラーに。『今夜もホットフラッシュ』は、更年期症状を明るく描き多くの読者を獲得している。現在も家族4人+1匹のミニチュアダックスフントと生活中。

「2018年 『アラフィフさん いらっしゃ~い!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青沼貴子の作品

ツイートする